HOME > ニュース > レグザ、東京ゲームショウ2023のバンダイナムコブースに4K液晶テレビ全60台を提供

昨年を上回る提供数

レグザ、東京ゲームショウ2023のバンダイナムコブースに4K液晶テレビ全60台を提供

2023/08/29 編集部 : 伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
TVS REGZAは、9月21日から開催される東京ゲームショウ2023において、バンダイナムコエンターテインメントブースに4K液晶テレビ全60台を提供すると発表した。

「65Z870M」など4K液晶テレビ全60台を提供

昨年に続き、今年もバンダイナムコエンターテインメントブースへの4K液晶レグザの提供が決定。昨年の47台を上回る、全60台がプロモーション映像上映や試遊用モニターとして利用される。

内訳は、タイムシフトマシン 4K Mini LED液晶レグザ「65Z870M」(65V型)を8台、「55Z870M」(55V型)を3台、4K量子ドット液晶レグザ「43Z670L」(43V型)を49台。65V型と55V型のZ870Mシリーズはプロモーションビデオ用、43Z670Lは試遊台用となる。

同社は「レグザならではの高画質・高音質、そして快適なゲームプレイを可能とする0.83msecの低遅延などを実現する優れたゲーミング機能を、東京ゲームショウ 2023のバンダイナムコエンターテインメントブースにてご確認ください」とコメントしている。

Z870Mシリーズは、高画質映像処理エンジン「レグザエンジン ZR」、新開発の4K Mini LED広色域量子ドット液晶パネルモジュールを搭載。4K/120P入力に対応する。接続するゲーム機器を自動で判別し、快適にゲームをプレイできるように各種設定を変更する「オートゲームアジャスト」機能を搭載。表示遅延時間は約0.83msecを実現し、格闘ゲームなども美しい映像でレスポンスのよいゲームプレイが楽しめる。

「55Z870M」

43Z670Lは、広色域量子ドット倍速液晶パネルを搭載。広色域量子ドットの採用により、色鮮やかな高画質を楽しめる。Z870Mシリーズ同様、4K/120P入力に対応。「オートゲームアジャスト」機能を搭載し、表示遅延時間は約0.83msecを実現する。

「43Z670L」

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE