HOME > ニュース > JBL、分離型7.1.4chサウンドバー「JBL BAR 1000」の一般販売を11/25スタート

直販ストアにて税込143,000円

JBL、分離型7.1.4chサウンドバー「JBL BAR 1000」の一般販売を11/25スタート

2022/11/15 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ハーマンインターナショナルは、クラウドファンディングにて先行展開していたJBLブランドの7.1.4ch完全ワイヤレスサラウンドシステム「JBL BAR 1000」について、2022年11月25日より一般販売を開始する。「JBL Store」やJBLオンラインストアなど同社直販ストアにて取り扱われ、価格は143,000円(税込)。

「JBL BAR 1000」が2022年11月25日より一般販売開始

JBL BAR 1000は、今年9月15日からクラウドファンディングにて国内先行展開を実施していた製品。サウンドバー、ワイヤレス・サブウーファー、そしてケーブル不要で配置できる充電式ワイヤレス・サラウンドスピーカー2基で構成され、Dolby AtmosやDTS:Xにも対応した7.1.4chの“完全ワイヤレス・サラウンドシステム”を構築できると謳っている。

バッテリー内蔵/配線不要のワイヤレス・サラウンドスピーカーにより、完全ワイヤレス・サラウンドシステムを構築できるとする

サウンドバー部は2ウェイ構成で、センター/レフト/ライトスピーカーを6基、サラウンド用ビームフォーミングスピーカー2基、ハイトスピーカー2基を内蔵。ワイヤレス・サラウンドスピーカーにはそれぞれリアチャンネル/ハイトリアスピーカーを2基ずつ、そしてワイヤレス・サブウーファーには250mmの大口径ドライバーを搭載。合計15基のドライバーを880Wの大出力で力強く駆動する。

加えて、独自のビームフォーミング技術「MultiBeam」を採用し、ビーム状に放出した音を部屋の壁や天井に反射させることで立体的な音空間を創出。部屋の音響特性を測定しサウンドを最適化するルーム・キャリブレーションも備え、映画館のような高精細で迫力ある音響をリビングルームで実現できるとしている。ほか、セリフなどの声成分を明瞭に聞き取りやすく再生できる「PureVoiceテクノロジー」なども搭載する。

独自の「MultiBeam」技術により、壁や天井に音を反射させることで立体的なサウンドを実現

ワイヤレス・サラウンドスピーカーの連続再生時間はそれぞれ約10時間で、使用しない間サウンドバー部の両脇に接続することで充電が可能。USB-C端子も備えており、別売りのアダプターを用いることで充電しながら使用することもできる。また、スピーカー同士の通信には2.4GHz伝送技術を採用することで、音ズレを最小限に抑えたとしている。

ワイヤレス・サラウンドスピーカーは、サウンドバーの両脇に接続して充電が可能

出力端子はeARC対応のHDMIを1基、入力端子はHDMIを3基(HDCP2.3, HDR10, Dolby Visionパススルー対応)、光デジタル、Ethernet端子を搭載。Bluetooth5.0や、Wi-Fi6にも対応したデュアルバンドWi-Fiもサポートし、AirPlay2/Chromecast built-in/Amazon Alexa Multi-Room Musicなどを使い音楽ストリーミングサービスのコンテンツも再生可能。ネットワークに接続しておくことで、本体ソフトウェアも自動更新される。

専用アプリ「JBL ONE」も用意され、本体やネットワークの設定から音楽再生コントロールまで一元的に管理が可能。部屋の音響特性を測定するルーム・キャリブレーションも本アプリから簡単に実施できるとのこと。

外形寸法/質量は、サウンドバー部が884W×56H×125Dmm/約3.7kg、ワイヤレス・サブウーファーが305W×440H×305Dmm/約10kg、ワイヤレス・サラウンドユニットが1基あたり155W×56H×125Dmm/約1.4kg。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク