HDMI出力はeARC対応

JBL、ドルビーアトモス対応のワイヤレスサブウーファー付サウンドバー「CINEMA SB190」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年09月16日
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドから、ワイヤレスサブウーファーが付属するDolby Atmos対応 2.1chサウンドバーシステム「CINEMA SB190」を10月15日より発売する。価格はオープンだが、ECサイトJBLオンラインストアでは税込33,000円にて取り扱う。

「CINEMA SB190」

48mm×90mmレーストラック形ウーファー2基/30mmトゥイーター2基を搭載するサウンドバーと、160mmウーファーを搭載する2.4GHz ワイヤレスサブウーファーで構成されるサウンドバーセット。計380Wの出力により、迫力ある本格シネマサウンドと深く厚みのある重低音を高レベルで両立したとする。

設置イメージ

音声はDolby Audio/AAC/7.1ch〜2ch PCMや、Dolby Atmosの立体的なイマーシブサウンドに対応。また、映画/音楽/ニュースの3つのサウンドモード、バスブースト機能に加え、音声信号の中から人間の声の成分を解析/抽出し、小音量でも人の声を明瞭に聞き取りやすくする「ボイスモード」も新たに搭載した。

ワイヤレスサブウーファーは柔軟な設置が可能

入力端子はHDMIを1系統、光デジタルを1系統搭載し、Bluetoothにも対応。HDMI入力はHDCP2.3、4Kパススルー、HDR10+/Dolby Visionをサポートする。出力端子はeARC対応のHDMIを1系統搭載。

外形寸法/質量は、サウンドバー本体が900W×62H×67Dmm/1.9kg、ワイヤレスサブウーファーは200W×409H×280Dmm/5.6kg。

関連リンク

関連記事