HOME > ニュース > フォステクス、平面駆動ヘッドホン自作キット「RPKIT50」一般販売を8月上旬より開始

税込33,000円前後

フォステクス、平面駆動ヘッドホン自作キット「RPKIT50」一般販売を8月上旬より開始

2022/07/25 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
フォステクスは、平面駆動ヘッドホン自作キット「RPKIT50」の一般販売を8月上旬より開始する。価格はオープンだが、税込33,000円前後での実売が予想される。

「RPKIT50」

同社独自のRP(Regular Phase)技術を採用した平面駆動型ドライバーユニット「RP振動板」を用いて、ヘッドホンを自作できる組み立てキット。2021年7月より同社カスタム・オーディオ用ECサイト「Fostex CUSTOM」にて先行販売されていたアイテムが、この度量販店などでも取り扱いを開始する格好だ。

キットに付属するハウジング用吸音材、バッフル用制振兼吸音材などの取り付け方を変えることで、音質傾向をチューニング可能。音楽鑑賞用や、音楽制作用モニター・ヘッドホン仕様など、好み・用途に合わせた音質作りを楽しめるとしている。

ハウジング用吸音材の取り付け工程。各吸音材の組み合わせにより好みの音質づくりを行なうことができる

製品内容は、半完成本体、イヤーパッド2種類(合皮/ベロア)、RPドライバーユニット、各チューニングシートのほか、2.5 - 3.5mmアンバランスケーブル(2m)、2.5 - 2.5mmアンバランスケーブル(1.2m)、3.5 - 6.3mm変換コネクターなどを同梱。ドレスアップ用のFostexロゴステッカーも付属される。

なお、組み立て工程においてはんだ付けを行なう箇所があるため、別途はんだごて、はんだ、プラスドライバー(1番)、ピンセットなどの工具が必要となる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック