HOME > ニュース > オプトマ、最大応答速度4.0ms/240Hz対応の4Kプロジェクター「UHD55」。ゲーム専用映像表示モード搭載

応答速度4.2msの「UHD33」も

オプトマ、最大応答速度4.0ms/240Hz対応の4Kプロジェクター「UHD55」。ゲーム専用映像表示モード搭載

2022/06/10 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
株式会社オーエスは、同社が取り扱うOptomaより、ゲームモードを搭載する4K対応プロジェクター「UHD55」「UHD33」を本日6月10日より発売する。価格はともにオープンだが、UHD55が税込343,200円前後、UHD33が税込220,000円前後での実売が予想される。

「UHD55」

4K解像度(3,840×2,160)の投影に対応するDLPプロジェクター。ともに明るさは3,000ルーメン、コントラスト比はUHD55が1,200,000:1、UHD33が1,000,000:1となっており、高輝度・高コントラストを実現し、幅広い色調の表現を可能にするとしている。アスペクト比は16:9、光源はユーザー側で交換可能なUHEランプを使用する。

画像制作者の意図した色彩を再現するというBrilliantColorテクノロジーを採用。UHD55ではDCI-P3 95%の色域をサポートしており、高輝度なUHEランプとの組み合わせによって、鮮やかなカラーパフォーマンスを実現するとしている。

映像技術には、明暗の情報を検出して各映像シーンに最適なコントラスト比を出す「ダイナミックブラック」機能や、モーションブラーを抑えて滑らかな映像を再現するフレーム補完技術「PureMotion(ピュアモーション)」など、オプトマ独自の技術が投入されている。

HDR10およびHLGをサポートし、HDR信号入力時には自動的にHDR/HLGモードに切り替わる仕様となっている。加えて、HDRをサポートしていないコンテンツ再生時においても、HDR効果をシミュレートして再現する「HDR Sim」機能を搭載している。

「UHD33」

2製品はそれぞれ、UHD55が「専用ルームや寝室等で本格的なシアターを楽しみたいユーザー」へ向けたモデル、UHD33が「リビング等でカジュアルに4K映像を楽しみたいというユーザー」を対象としたモデルだとしており、ライフスタイルにあわせて選択できるようラインナップしたとのこと。

共通する大きな特長として、入力遅延を抑えた「ゲーミングモード」を搭載する。240Hz(1080p)と高リフレッシュレートの映像投影に対応しており、この場合の入力遅延はUHD55が4.0ms、UHD33が4.2msを実現している。なお、4K投影の最大フレームレートは60Hzで、入力遅延はUHD55が16.9ms、UHD33が16.7msとなる。

さらにゲーム向け機能として、独自の専用映像表示モード「Enhanced Gaming」を搭載。暗い部分の細部を調整し、はっきりと表示させることができ、ゲーム内での暗闇の隠密行動も見つけられるとアピールする。

映像投写距離は、UHD55が1.2m(34.1型) - 8.1m(302.4型)、UHD33が1.00m(30型) - 10.98m(300.6型)に対応する。ランプ寿命は最大15,000時間(DynamicBlackモード時、標準モードは10,000時間)で、駆動時の騒音値は26dB(UHD55:標準モード時/UHD33:エコモード時)。

投影補正機能として4コーナー補正やキーストン補正、ズームレンズ(UHD55は1.3倍、UHD33は1.1倍)を装備。さらに、UHD55にはレンズシフト機能(垂直方向+5% - +15%)も備えており、あらゆる設置環境において容易にセットアップできるとしている。

入力端子は、HDMI(v2.0)を2系統、VGA/オーディオ(3.5mmジャック)を1系統ずつを共通して装備。加えて、UHD55には1系統のRJ45ポートも搭載される。出力端子は共通で、オーディオ(3.5mmジャック)、USB(1.5A)×1、トリガー(12V)、光デジタルオーディオを1系統ずつ装備する。

「UHD55」背面部

「UHD33」背面部

コントロール端子はRS-232Cが1系統あり、UHD55にのみ、USB-Aポートも2系統備えられている。ほか、2製品とも出力10Wのモノラルスピーカーを内蔵する。

外形寸法は共通で315W×115H×270Dmm(突起部含まず)。質量はUHD55が3.7kg。UHD33が4.2kg。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE