HOME > ニュース > LG、4K液晶テレビのエントリーモデル「UQ9100」シリーズ。新世代のAI プロセッサー搭載

43〜75型の全5モデルをラインナップ

LG、4K液晶テレビのエントリーモデル「UQ9100」シリーズ。新世代のAI プロセッサー搭載

2022/05/19 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K液晶テレビの2022年ラインナップとして、エントリーモデル「UQ9100」シリーズを5月下旬より発売する。価格はオープン。ラインナップの詳細と予想実売価格は以下の通り。

「UQ9100」シリーズ

「UQ9100」シリーズ
・75型「75UQ9100PJD」220,000円前後
・65型「65UQ9100PJD」170,000円前後
・55型「55UQ9100PJD」130,000円前後
・50型「50UQ9100PJD」120,000円前後
・43型「43UQ9100PJD」100,000円前後

「UQ9100」は、43〜75型の全5モデルをラインナップするエントリーシリーズ。独自のAI機能を搭載した第5世代エンジン「α5 Gen5 AI Processor 4K」を搭載し、何百万もの映像ソースを学習したリアルタイムAIプロセッサーによって、地上波からネット動画まで各コンテンツに合わせた最高レベルの映像と音響を実現するとアピールする。

第5世代エンジン「α5 Gen5 AI Processor4K」を搭載

「AI映像プロ」機能では、地上波のシネマやスポーツ、アニメといっ映像ジャンルに加えて、夜景や街並み、自然といった各シーンごとにAIが自動認識し、最適な画質に変換。また、人の肌を自然なトーンに調整し、解像感のあるクリアな映像を映し出すとしている。

「ダイナミックトーンマッピング」機能では、フレームをエリアごとに切り分けて、各ゾーンごとに最適なトーンカーブへと処理。これにより、より自然で美しく鮮やかで、かつ繊細な色表現を実現するという。また、肌の色をナチュラルに保ちながら、より細部まで鮮やかな映像を再現する「ダイナミックビビット処理」によって、暗部が引き締まりつつ、階調豊かな映像を堪能できるとしている。

サウンド面では、「AIサウンドプロ」機能を搭載し、AIが観ている映像のジャンルを分析し、ドラマ、スポーツ、映画、ニュース、音楽の全5種に分類。各ジャンルに合わせたサウンド調整を施すことで、臨場感あふれるバーチャル5.1.2chサウンドへ変換する。

機能面では、個人アカウント機能が追加され、各アカウントごとの設定が可能。AIプロセッサーによるおすすめのコンテンツ表示や、ホーム画面に表示されるアプリを自分仕様にカスタムすることが可能だ。また、同社独自の AI「ThinQ AI」を起動すると、テレビに向かって「Hi,LG!」と話しかけることで、電源のオン・オフや音量調整などの各種操作を行うことができる。

NetflixやAmazon Prime Video、U-NEXT、DAZN、Disney+など各ネット動画配信サービスアプリも楽しめ、4K動画にも対応する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック