HOME > ニュース > オンキヨー、自己破産を申請。子会社2社に続き

負債総額は約31億円

オンキヨー、自己破産を申請。子会社2社に続き

2022/05/13 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オンキヨーホームエンターテイメントは、本日5月13日、大阪地方裁判所に対し破産手続開始の申立てを行い、同日、同裁判所から破産手続開始決定を受けたことを発表した。

2021年3月期に2期連続の債務超過となり、2021年8月1日付けで上場を廃止していた。上場廃止後もホームAV事業をVOXXとシャープによる新会社へ譲渡したり、ハイレゾサブスク「Qobuz」運営の仏Xandrie社にe-onkyo musicを事業譲渡するなどで生き残りを図ったが、厳しい資金繰りの中、債務を完済することができなかったと説明。

事業譲渡等の後に残った国内販売事業やOEM 事業についても子会社2社が資金難から事業継続することができず、今年2月に事業を停止、3月に破産申立てに至っていた。子会社の破産後においても、同社ではホームAV事業譲渡に伴う手数料収入を得ながら小規模にビジネスを続けようとしたが、資金繰りの悪化を止められなかったため、破産手続開始の申立てを行う決断をしたという。

負債総額は約31億円。今後は、裁判所および破産管財人により破産手続が行われていく。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック