HOME > ニュース > NUARL、LDAC対応完全ワイヤレス/Pentaconn採用有線イヤホンの開発に着手。2022年Q2発売予定

日本発技術を今後の開発製品に積極的に取り入れていくことを発表

NUARL、LDAC対応完全ワイヤレス/Pentaconn採用有線イヤホンの開発に着手。2022年Q2発売予定

2021/11/29 編集部:杉山康介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
エム・ティ・アイは、NUARLブランド5周年記念企画の第5段として、日本で生まれた技術をより世に広めるため今後の開発製品に積極的に取り入れていくことを発表。その手始めとして、ソニー製コーデック「LDAC」対応完全ワイヤレス「X47(仮称)」と、日本ディックス製端子「Pentaconn」採用有線イヤホン「X147(仮称)」の開発を開始した。

X47(仮称)

X147(仮称)

同社は両製品の2022年Q2発売を目標に、各技術のライセンス利用契約を締結して開発に着手。ともに現在開発中の新型NUARLドライバーを初搭載したモデルであり、さらにかねてよりアナウンスされていた「Snapdragon Sound」対応完全ワイヤレス「X77(仮称)」も、同時期の発売を予定しているとのこと。

X47(仮称)は、LDACコーデックでの再生に対応する完全ワイヤレス。新型NUARLドライバーや「H.D.S.S」技術を採用し、アクティブノイズキャンセリングや外音取り込み機能、IPX4以上の防水性能などを搭載する。

X147(仮称)は、Pentaconnを採用するリケーブル対応有線イヤホン。新型NUARLドライバーやH.D.S.S技術を搭載するほか、筐体は6軸CNC切削加工金属製で、7N OCC 8芯捻り相当のケーブルを付属。音質チューニング変更機能も採用する予定とのこと。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク