2020年以降のモデルが対応

LGのテレビ、Prime Video視聴で「FILMMAKER MODE」に自動で切り替わる新機能

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年11月05日
LGエレクトロニクス・ジャパンは、2020年以降発売の同社テレビにおいて、Prime Videoのコンテンツが「FILMMAKER MODE」の自動切り替えに対応した。

Prime Videoで配信されるコンテンツ自体に信号を埋め込み、それをテレビ側が感知することで、自動的にFILMMAKER MODEを楽しめるという新機能。

対象となるテレビは、上述の通り、同社が2020年以降発売に発売した有機EL/液晶テレビ。利用には、本体ソフトウェアとPrime Videoアプリのアップデートが必要となる。

FILMMAKER MODEは、ハリウッドの映画・テレビスタジオ、コンテンツ配信会社などが加 盟する団体「UHD Alliance」が、「最高のUHD視聴体験の実現を目指して開発した」とする画質モード。フレーム補完をオフにすることで色温度をそのまま再現、映画やドキュメント番組などを制作者の意図通りの映像で視聴できるという。

関連記事