フルモデルチェンジを実施

ストラーダ、HDパネル採用のカーナビ4機種。高精細マップ採用、高速CPUでレスポンス向上

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部
2021年10月14日
パナソニックは、カーナビステーション “Strada(ストラーダ)” より、新プラットフォーム採用のスタンダードモデル4機種を12月中旬に発売する。ラインナップは下記の通り。

【カー用品店向けモデル】
・200mmワイドパネル「CN-HA01WD」¥OPEN
・180mmパネル「CN-HA01D」¥OPEN

【特定販路向けモデル】
・200mmワイドパネル「CN-HE01WD」¥OPEN
・180mmパネル「CN-HE01D」¥OPEN

「CN-HA01WD」

「CN-HA01D」

フルモデルチェンジにより、ユーザーニーズの高い地図・映像の高画質化に対応したというスタンダードモデル。いずれも高解像度のHDパネルを採用し、表示解像度が従来比で約2.4倍に向上した。

地図についてはHD解像度対応の「HD美次元マップ」を搭載。視認性を考慮した配色の新デザインを採用し、文字や道路、自社位置マークが見やすくなった。また、3D地図描写では、ビルの明かりや影までリアルに表現できるほか、自車位置マークの周りだけを透過することで視認性も向上させている。

視認性を考慮した配色の新デザインを採用

高速CPUの搭載により、ルート探索にかかる時間を従来比で半分以下に短縮。従来モデルの1ルート探索にかかる時間で、5ルートの探索が可能だ。また、ダイレクトレスポンスIIにより、サクサク快適に操作できる操作レスポンスを追求。合わせて、本体の起動時間についても高速化されている。

上下判定や自車位置精度を高めた「ストラーダ ロケーションシステム」を搭載。新アルゴリズムによって1秒間に10回の自車位置を測定し、高速走行中でもなめらかに自車位置を表示するとのこと。また、駐車場の出入口を学習することで、駐車場から走行車線に戻る際に発生しやすい位置ズレも解消。上下精度の向上により、高架道路と並走する道路での自車位置の精度も向上したという。

操作面では、2点ドラッグの上下で地図の俯瞰度合いを調整し、2Dから3Dへと切り替えることが可能。円弧を描くような2点ドラッグをすることで、地図の回転も行える。メニュー画面をカスタマイズする「簡単ツートップメニュー」が強化され、一覧からのメニュー画面に表示したい機能の設定、アイコンのドラッグでの移動に対応する。

モーションコントロールが進化

サウンドでは、全モデルでハイレゾ音源に対応する。機能面も進化しており、プロのチューニングを楽しめる「音の匠」サラウンドモードに、ライブ音楽に最適な「極サラウンド」を新搭載。同社家庭用オーディオの技術によって低音部分の音を仮想再生することで、重低音専用のスピーカーがあるような迫力が楽しめるとする。また、Wi-Fi・テザリング接続時には、音楽CDのアルバムタイトル、曲名などのワンタッチ更新も行える。

その他の機能として、一時停止や制限速度を知らせる「安全・安心運転サポート」、交通情報システム「VICS WIDE」を活用した渋滞回避を備える。また、全国の市街地を100%カバーしたゼンリン製の詳細地図「全国市街地図」を搭載する。

関連記事