8/6より順次展開

REGZA、大画面専用の高画質処理を行う新4K液晶テレビ「リビングシアターモデル」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年07月20日
TVS REGZAは、4K液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新ライン「リビングシアターモデル」3機種を発表。「M550Kシリーズ」75型モデルの発売を皮切りに、既に展開されている「Z670Kシリーズ」には85型、75型をラインナップとして追加する形。各モデルの発売日と税込の予想実売価格は下記の通り。

■「 M550Kシリーズ
・75型「75M550K」253,000円前後 8月6日(火)

「75M550K」

■「 Z670Kシリーズ
・85型「85Z670K」価格未定 2021年秋発売
・75型「75Z670K」価格未定 2021年秋発売

「85Z670K」

「75Z670K」

初夏発売のモデル同様、5年ぶりのフルモデルチェンジを果たした映像エンジン「レグザエンジン ZR I(ゼットアールワン)」および、TV用Android OS「Android TV」を搭載する4K液晶テレビ。今回初登場となる「M550Kシリーズ」は「リビングシアターモデル」のエントリーモデルとして用意。今回発売の75型「75M550K」は昨年発売の同サイズ機種「75M540X」の後継に当たる。

今回発表の3モデルからなる「リビングシアターモデル」とは、年々大型化していく「大画面テレビ」というカテゴリに“REGZA”が本格参入するというスタンスを表すものとしてシリーズ名称として名付けたとのこと。また、今回の液晶モデルの補強に関しては「画質で選ぶなら有機一択であるが、リビング環境、視聴時間に軸をおいた上で大画面液晶という選択肢を提供する」として展開の方向性を定めたという。

3モデルとも、大画面テレビを意識した新たな映像処理技術「リビングシアター専用高画質処理」を搭載。大画面だからこそ気になる様々なノイズを低減するとともに、大画面専用の高精細処理を行う。

大型サイズの画面モデルに併せた映像処理が行われる

同技術では、視聴者の没入感を向上させる為、ナチュラルなテイストを加味した補正を行いつつ、自然界に存在しない「ノイズ」を抑制するノイズリダクション補正は強めのものになっているとのこと。これにより、トータルして肉眼で見る現実世界に近づける高精細処理を行っているという。

Z670Kシリーズの2機種はこれまでのモデル同様「スリム直下型高輝度LEDバックライト」および、「倍速パネル」を採用。M550Kシリーズは「直下型LEDバックライト」を装備。670Kシリーズはパネル部に使用するLEDの数が多くなっているが、比較してミドルクラスとなるM550KシリーズはLEDの使用数が少なくなっており、この点で性能差が生じているとのことだ。

同じ75型機である2機種。Z670Kシリーズの「75Z670K」(写真左)は倍速パネル駆動に対応する

また、パネル表面の処理について、M550Kシリーズはハーフグレア処理を、Z670Kシリーズにはこれまでのモデル同様ハーフグレア処理より1ランク上の低反射な光沢を持たせたものを施したとしている。

装備されるスピーカーシステムは、Z670Kシリーズの75型モデルがこれまでのシリーズ機同様「重低音立体音響システムZP」を搭載。4基のフルレンジスピーカー、2基のトゥイーター、4基のトップトゥイーター、迫力の重低音を再現するウーファー部「重低音バズーカ」1基からなる計11個のスピーカーを総合出力60Wのマルチアンプでドライブ。85型モデルについては現状4基のフルレンジスピーカー、1基のウーファーを40Wでドライブするものと発表されているが、同社は発売までに「85型に相応しい高音質に仕上げる予定」だとコメントし、スピーカーの搭載数においても前記した内容から調整中であると説明している。

「75Z670K」に搭載される音響システム「重低音立体音響システムZP」

なお、75型のM550Kにはフルレンジ2基、ウーファー1基からなる「重低音立体音響システム」を搭載。総合出力40Wのマルチアンプによって駆動されるスピーカーからパワフルで臨場感あふれるサウンドを再現するとしている。また、今回発表の3モデルはいずれも立体音響技術ドルビーアトモスに対応する。

その他3機種に共通する仕様として、従来機同様の高画質機能「ナチュラル美肌トーン」の搭載や、これまで展開された映像エンジン「レグザエンジン ZR I」搭載機同様の補正技術「おまかせAIピクチャーZR I」「地デジAIビューティーZR I」「ネット動画ビューティーZR I」を備えるほか、4系統を用意するHDMI端子の内の2系統はHDMI2.1に準拠するなど、ゲーミング機能の充実も図っている。

従来の「レグザエンジン ZR I」搭載機同様の補正技術が多数搭載される

また、本体パネル周りのベゼル、スタンド、ボトム系などの外装部分に金属素材を用い、高級感を打ち出したとするほか、プリインストールされたお気に入りのネット動画や、HDMI接続した接続した外部機器をアサイン出来る「My. Choice」ボタンを配した「新レグザリモコン」を同梱。

チューナーは、新4K衛星放送×2、地デジ(CATVパススルー対応)×3、BS/110度CS×3を搭載。端子部はHDMI×4(うち2系統がHDMI2.1対応)ビデオ入力×1、ヘッドホン×1、光デジタル×1、USB×3を備える。

Z670Kシリーズの75型の外形寸法は1675W×1000H×367Dmm、質量は36.0kg。85型の外形寸法は1903W×1117H×380Dmm、質量は未定としている。M550Kシリーズの75型の外形寸法は1675W×983H×377Dmmで、質量は30.0kgとなる(全てスタンド取り付け時)。

関連リンク

関連記事