ケーブルも新開発に

GRADO、新開発ドライバーに刷新した開放型ヘッドホン「Xドライバー Prestigeシリーズ」5機種

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年06月11日
ナイコムは、同社が取り扱うGRADOブランドより、オープン型ヘッドホン「Xドライバー Prestigeシリーズ」5モデルを6月18日に発売する。ラインナップと価格(すべて税込)は下記のとおり。

SR325x:39,270円
SR225x:28,380円
SR125x:21,780円
SR80x :16,280円
SR60x :14,080円

SR325x

GRADOオープン型ヘッドホンの中核と位置づけられた「Prestige(プレステージ)シリーズ」がリニューアルし第4世代モデルに。全モデルが新開発の44mm径ドライバー「Xドライバー」を搭載し、各モデルに最適化した個別チューニングとケーブル、ヘッドホンバンドなどのアップデートを行ったことで「さらなる高純度再生と高い耐久性を獲得した」とアピールしている。

「Xドライバー」では、ボイスコイルを軽量化することでドライバーを高効率に駆動。これによって優れたトランジェントを獲得したとする。また、磁力の向上と44mm径振動板の最適化によって、全ての帯域でリニアリティに優れた高音質再生も図ったという。

全モデルとも、スーパーアニール処理を施した新開発のOFCケーブルを採用。OFC線材に加熱処理を施すことで、残留応力を除去し機械的ストレスを抑制しており、伝送時のストレスの低減によって高純度伝送につなげている。なお、SR325x/SR225x/SR125xの3モデルが8芯、SR80x/SR60xの2モデルが4芯構造を採用している。

シリーズ最上位モデルとなるSR325xのみ、アルミニウム合金のメタルハウジングとレザーヘッドバンドを採用。レザーヘッドバンドは装着感と耐久性の向上を実現させているという。そのほか、最上位モデルの証となるホワイトステッチも採用している。

徹底した品質管理により、左右の音圧差0.05dB以下を実現。周波数特性は18Hz-24kHz。そのほか、イヤーパッドは高音質と快適な装着感を両立するというFクッションイヤーパッドを採用している。

SR225x以下の4モデルは、無共振ポリカーボネートハウジングを採用。また、レザーではないものの、ヘッドバンドも装着感と耐久性の向上を図っている。

SR225xは、最上位機SR325x同様に、左右の音圧差0.05dB以下を実現。周波数特性は20Hz-22kHzで、Fクッションイヤーパッドを採用している。

SR225x

SR125xは、左右の音圧差0.1dB以下、イヤーパッドがSクッションイヤーパッドである点がSR225xとの主な違い。周波数特性は20Hz-20kHzとなる。

SR125x

SR80xとSR60xは、ケーブルが4芯となる点が上位機SR125xとの違い。左右の音圧差は0.1dB以下で、Sクッションイヤーパッドを採用、周波数特性は20Hz-20kHzとなる。なお、SR80x以上の4モデルが“De-Stressed Drive”であるのに対し、エントリーモデルのSR60xのみ“De-Stressed”ではない通常のXドライバーとなる。

SR80x

SR60x

関連リンク

関連記事