【PR】GRADOらしいグルーヴ感とオーディオ的な性能を両立

こんな音を聴きたかったんだ! GRADOファンの評論家も叫んだ、新世代「Prestigeシリーズ」レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
土方 久明

前のページ 1 2 3 次のページ

2021年11月25日
多くのオーディオファンから愛されるアメリカのオーディオブランド、GRADO(グラド)。同社は1953年にジョセフ・グラド氏によって設立され、現在は多くのファンから熱烈に支持されるヘッドホンやカートリッジを多数ラインナップしている。

そんなGRADOの定番ヘッドホン“Prestigeシリーズ”が一新され、「SR325x」「SR225x」「SR125x」「SR80x」「SR60x」の5種類が登場した。

GRADOの基幹ヘッドホン“Prestigeシリーズ”が一新

実は筆者は、以前から同社のヘッドホンとカートリッジを愛用する一人。ライフワークとなっているスタジオモニターヘッドホン収集と並行して、2000年代に発売された「RS1i」「SR325」に加え、2019年発売の「The White Headphone」や2020年発売の「The Hemp Headphone」といった限定モデルも導入してきた。ここまで気に入っている理由は、ジャズ、ロック、EDM、ポップスなど幅広いカテゴリーのサウンドを楽しめる音楽性の高さに他ならない。

そして今回ご紹介するPrestigeシリーズは、同社の基幹モデルに位置するオープンエアー型のヘッドホン。30年前にジョン・グラド氏が初めてデザインしたヘッドホンとしても知られ、今回のモデルチェンジで既に第4世代となった人気シリーズである。

唯一無二の意匠は踏襲しつつ、最新世代ドライバーを搭載

先述のとおり、Prestigeシリーズのラインナップは合計5種類で、メッシュを使ったオープン型ハウジングを含め、外観は5モデルとも共通の意匠を持つ。筆者は唯一無二ともいえるGRADOのデザインが好きなので、無理に形を変えようとしないことを嬉しく思う。

「SR325x」は、シリーズ唯一となるアルミニウム合金製のハウジングとレザー製のヘッドバンドを採用した最上位モデル。そして「SR225x」「SR125x」「SR80x」「SR60x」は、無共振ポリカーボネートハウジングを採用。ヘッドバンドはレザー製ではないが、装着感と耐久性を向上させたものが用いられる。

最上位の「SR325x」はアルミニウム合金、ほか4モデルは無共振ポリカーボーネート製ハウジングを採用している

モデルチェンジによる最大の変更点は大きく3点。1点目は、全モデルにボイスコイルを軽量化しドライバーを高効率に駆動できる、第4世代目となる新開発の44mm径「Xドライバー」を搭載したこと。

2点目はケーブルで、スーパーアニールという加熱処理が施された新開発のOFC導体を採用した。3点目はヘッドホンバンドで、全モデルが高耐久性のものに刷新されている。また、モデルごとに個別のチューニングを行い、音質を煮詰めたとのことだ。

まずは「SR60x」「SR80x」を試聴

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事