HOME > ニュース > 地球世界、2BAドライバー搭載のカナル型イヤホン「2/COSMOS(コスモスブンノニ)」

リケーブル製品も発売

地球世界、2BAドライバー搭載のカナル型イヤホン「2/COSMOS(コスモスブンノニ)」

2021/05/26 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
合同会社地球世界は、自社ブランドCHIKYU-SEKAIより、2BAドライバー搭載のカナル型イヤホン「2/COSMOS(コスモスブンノニ)」、Lightning変換ケーブル「LEO(レオ)」、リケーブル「SOLOMON(ソロモン)」を、5月28日に発売する。価格はオープンだが、2/COSMOSが税込27,800円前後、LEOが税込9,900円前後、SOLOMONが税込12,000円前後での実売が予想される。

「2/COSMOS」(コスモスブンノニ)

2/COSMOSはフルレンジと高域それぞれに対応するBAドライバーを搭載した2BAドライバー構成のカナル型イヤホン。ブランド独自のクロスオーバーを開発し、ドライバーの効率・性能を最大限発揮することで、音全体のバランスを最優先しながら、音のディテールがよく、臨場感と安定感があり、かつ個性のある音を実現したとする。

筐体には医療レベル樹脂を採用。独自基準に従い生産環境を管理している。組み立てる前には特別なナノレベルのダスト除去処理を施すことで、高光沢と高透明性を確保。製造されてから1年間以上使用した場合でも、筐体の色にあまり変化がないとアピールする。

リケーブルに対応しており、コネクタは2PINを採用。再生周波数帯域は15Hz - 22kHz、感度は113dB、インピーダンスは15Ω。厚さ1.5mm-1.8mmのアルゼンチン産の柔らかいスエードを採用した、コンパクトサイズの専用レザーバッグを付属する。

LEOは高純度金メッキを施した4N純銀ケーブルを採用したLightning変換ケーブル。8芯構成を採用し、製造はハンドメイドで行われている。はんだ付けの際に溶解温度を調整することで酸化のリスクに配慮した。出力は3.5mmに変換する。

「LEO」

SOLOMONは銅をベースに独自開発した合金導体を採用したリケーブル。二種素材の複合絶縁皮により、干渉防止、ノイズ軽減、耐久性の向上を図っている。そのサウンドについては「臨場感、高域が大幅に改善され、音は明るく柔らかくなり、伸びが良い音をもたらします」と説明している。プレーヤー側端子に3.5mm/4.4mm 5極/2.5mm 4極を、イヤホン側端子に2PIN/MMCXを用意。計6機種をラインナップする。本製品にも、専用レザーバッグが付属する。

「SOLOMON」

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク