11ch/9ch/7chモデルが登場

ヤマハ、同社一体型AVアンプの最高峰を目指した“AVENTAGE”「RX-A8A」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年05月13日
ヤマハは、同社AVアンプ“AVENTAGE”の新製品として、最上位セパレートモデル「CX-A5200」「MX-A5200」の設計思想を継承した11chパワーアンプ内蔵モデル「RX-A8A」など3モデルを発売する。ラインナップと発売日は以下の通り(価格はすべて税込)。

・11chモデル「RX-A8A」:418,000円 8月31日発売
・9chモデル「RX-A6A」:275,000円 8月31日発売
・7chモデル「RX-A4A」:132,000円 7月30日発売

「RX-A8A」

今年3月に発表した「RX-A2A」の上位モデル。RX-A2Aと同様に、近年のインテリアデザインに合わせてロゴや凹凸をできるかぎり取り除いたミニマルデザインの筐体を採用。加えて音質面では、「静寂とエネルギー」「空間表現」をコンセプトに、過去のモデルを上回るレベルを追求したという。

ロゴやメカニカル式のボタンなどを減らした、滑らかでミニマルなデザインを採用

特に11chパワーアンプ内蔵のRX-A8Aでは、不要振動を軽減する厚みのある底板や、インピーダンスを低減する基板用厚銅箔、専用カスタムコンデンサーなど、セパレートタイプのシリーズ最上位モデル「CX-A5200」「MX-A5200」の設計思想や素材を継承。「一体型タイプの最上位モデル」と位置づけている。

3モデル共通して、主にトランスからアンプ回路への共振を最小化をするために新しいメカニカル構造を採用。ノイズの低減により従来モデルよりも音の明瞭さを改善した。また、H型のクロスフレームもより立体的で剛性の高い形状へと改良し、音の安定感やシャープさ、透明感が向上したという。

AVENTAGEシリーズの特徴的なインシュレーター配置も変更された。これまでは筐体底面の4隅に加え、中央にも“5本目の脚”として5つ目のインシュレーターが配置されていた。新モデルでは、この“5本目の脚”を中央から筐体前方へ移動、ちょうど筐体内部の電源トランスを支えるようレイアウトされた。

これにより電源トランスからメインシャーシに伝わる強い振動を効果的に抑制し、音像の近さ、低音のコントロール性が向上。開発担当者によれば、「この変更による音の改善は本当に大きい」という。

シリーズのトレードマークでもあった5つ目のインシュレーターの配置を、中央から前面寄りに変更

なおインシュレーターの材質はモデルごとに異なり、RX-A4Aは樹脂製、RX-A6Aは金属製を採用。RX-A8Aでは金属製インシュレーターに加え、“5本目の脚”に真鍮パーツをはめ込み音の質感と深みを強化している。

パワーアンプ部にはRX-A2Aと同様、新開発の「ハイスルーレートアンプ」を搭載。入力レベルの急激な変化に対する追従性を示す“スルーレート”を従来モデルの2倍以上、MX-A5200に匹敵するレベルまで向上。金属音などの立ち上がりの早い音や、ハイレゾソースなどの高周波を含む音声信号の再現性を高めたとする。

また、2014年に発売した「RX-A3040」以来という、回路設計や採用パーツの全面的リニューアルを実施している。主な変更点として、プリアンプ基板は1層から4層構造として電気配線をシンプル化し、S/Nやクロストークを改善。トランスの巻線は電流増幅部用/電圧増幅部用で分離し、ノイズの影響を減らして微細音の表現力を高めている。加えてRX-A8Aのみ、電源用線材およびGND線材にMX-A5200と同じ太さの巻線材を採用することで電源供給を安定化、重心の低い低域再生を実現したとのこと。

さらに、映像のシーンごとに最適なサラウンド効果を作り出す独自機能「SURROUND:AI」や各デコーダーなどのDSPデバイスとして、新たにクアルコムのSoC「QCS407」を採用した。従来よりも高精度な64bit演算処理が可能となったことで、SURROUND:AI使用時の音質が向上。音の透明感や音像の輪郭の鮮明さが増す一方、過度な響きが抑制されるなど、自然さと没入感がより深まったという。また、新デバイスのもうひとつのメリットとして、アップデートによる機能改善/追加が容易だとしている。

ほか、室内の音響特性を測定して音質を最適化する「YPAO」に、「Low Frequency」という新しいパラメトリックEQ設定を追加。15.6Hzからの残響低音域を最適化することで、スッキリとした見通しの良い音場が得られるとしている。また、アナログ映像回路など不要な電源や回路をオフし、ステレオ再生の音質を高める「Pure Directモード」も、設定を見直すことで効果を高めたとのこと。

機能面では、独自の音場創出機能「シネマDSP HD3」を搭載し、ドルビーアトモス/DTS:Xに対応。ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーが無い環境でもイマーシブサウンドが楽しめるバーチャルサラウンド機能「ドルビーアトモス・ハイトバーチャライザー」に出荷時から対応する。

加えてRX-A8A/RX-A6Aの2機種では、後日ファームウェアアップデートにより3Dサラウンド規格「Auro-3D」に対応。また、同じくファームウェアアップデートにより、4K/120Hz、8K/60Hz、HDR10+や、VRR、ALLM、QMS、QFTといったHDMI 2.1の機能もサポートする。

Wi-Fiは5GHz/2.4GHzに対応し、独自のマルチルーム再生機能「MusicCast」をはじめ、Amazon Music HD/Spotify/Deezer HiFi/radiko premium/airable.Radioといったストリーミングサービスが利用可能。BluetoothはAAC/SBCコーデックをサポートする。

ハイレゾ音源も、DSD 11.2MHz、WAV/AIFF 384kHz/32bit(32bit floatファイルを除く)、FLAC 384kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitなど幅広く対応。専用アプリ「MusicCast APP」からの操作/設定にも対応する。

RX-A8Aは、DACチップにESS「ES9026PRO」2基を採用。定格出力は2ch駆動時で150W+150W、THDは0.06%。入力端子はHDMI×7、RCA×5、PHONO×1、XLRバランス×1、光デジタル×3、同軸デジタル×2、コンポジット×2、コンポーネント×1を搭載。出力端子はHDMI×3、ヘッドホン×1を搭載する。外形寸法は435W×192H×477Dmm(Wi-Fiアンテナ除く)、質量は21.4kg。

RX-A6Aは、DACチップにESS「ES9026PRO」1基/「ES9007S」1基を採用。定格出力は2ch駆動時で150W+150W、THDは0.06%。入力端子はHDMI×7、RCA×5、PHONO×1、XLRバランス×1、光デジタル×3、同軸デジタル×2、コンポジット×2、コンポーネント×1を搭載。出力端子はHDMI×3、ヘッドホン×1を搭載する。外形寸法は435W×192H×442Dmm(Wi-Fiアンテナ除く)、質量は20.3kg。

RX-A4Aは、DACチップにESS「ES9007S」1基を採用。定格出力は2ch駆動時で110W+110W、THDは0.06%。入力端子はHDMI×7、RCA×3、PHONO×1、光デジタル×2、同軸デジタル×1を搭載。出力端子はHDMI×3、ヘッドホン×1を搭載する。外形寸法は435W×191H×442Dmm(Wi-Fiアンテナ除く)、質量は16.2kg。

関連記事