フロント/リアに独立した露出補正も装備

カロッツェリア、WQHD解像度の2カメラドライブレコーダー「VREC-DH300D」。STARVIS搭載で夜間録画も対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:川田菜月
2021年04月06日
パイオニアは、同社の展開するカロッツェリアブランドより、2カメラタイプのドライブレコーダー「VREC-DH300D」を5月から発売する。価格はオープンだが、税込26,000円前後での実売が予想される。

「VREC-DH300D」

フロントにWQHD(約370万画素)のF値1.4カメラ、リアにフルHD(約200万画素)のF値1.8カメラを搭載。明るくはっきりとした映像記録が可能で、細部まで鮮明に録画できるとしている。画角はフロントが水平112度/垂直60度/対角135度、リアが水平105度/垂直55度/対角128度。

両カメラとも、STARVIS技術搭載のソニー製CMOSセンサーを採用しており、高感度録画「ナイトサイト」に対応。WDRやHDRなどの画像補正機能は非搭載ながら、トンネルや夜間の走行時など、昼夜を問わず高感度かつ高画質に記録できるとのこと。さらにフロント、リアそれぞれに独立した露出補正機能を装備し、リアガラスがスモークガラスの場合でも個別に明るさを9段階で調整できる。

記録方式は連続録画/イベント録画/手動イベント録画が可能。また駐車監視録画には、別売の駐車監視ユニット「RD-DR001」(2021年夏発売予定)との組み合わせ時に対応可能となる。また本体内蔵マイクで車内の音声記録も行える。フレームレートは27.0fps。記録媒体は最大128GB/class10対応までのmicroSDXC / microSDHCメモリーカードをサポートする。

モニター部は3.0インチの大画面液晶を搭載し、録画映像や操作画面の見やすさにも配慮。さらに画面のインフォメーション表示部分を透過表現にすることで視認性を向上させた。また、操作ボタンは側面・上部に配置し、大画面ながらコンパクトサイズを実現。機能ごとに操作ガイドを画面上に表示するなど、初心者や夜間の操作時にも分かりやすいとしている。

安心・サポート機能も充実。記録容量不足などSDメモリーカードの状態を知らせる「SDカードフォーマット警告機能」や、エラー発生の原因となるデータの断片化を軽減する「SDメモリーカードフォーマットフリー機能」を搭載し、撮り逃しを防止。また別売のパイオニア製SDメモリーカード使用時に、カードの寿命を知らせる「SD カード寿命警告機能」も備えている。

電源部や配線設計も工夫し、配線露出を減らしスッキリと取り付け可能とのこと。ほか、3軸Gセンサーを内蔵、カーナビゲーションによるテレビへの電波干渉を抑える地デジ電波干渉対策も施される。電源電圧は12V/24V対応。

外観はシンプルかつ機能的なデザインで、マットブラックのラバー塗装を施した本体に、光沢があるグロスブラック仕様の操作キー/パネルを採用する。外形寸法/質量は、フロントカメラが90.5W×101.9H×36Dmm/125g(取付ブラケット含む)、リアカメラは58.9W×25.1H×31.5Dmm/250g(ケーブル含む)。付属品には長さ4mのシガーライター電源ケーブル、動作確認用のmicroSDHCカード(16GB)などを同梱する。

関連記事