6.8V型「DMH-SZ700」同時発売

カロッツェリア、国内初のAlexa搭載9V型ディスプレイオーディオ「DMH-SF700」

編集部:押野 由宇
2020年05月13日
パイオニアは、カロッツェリアブランドのディスプレイオーディオ新製品として、9V型「DMH-SF700」、および6.8V型「DMH-SZ700」を6月より発売する。価格はオープンだが、DMH-SF700が税抜90,000円前後、DMH-SZ700が税抜52,000円前後での実売が予想される。

「DMH-SF700」

スマートフォンの主要機能を車載機のタッチパネルや音声で操作できる「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。スマートフォンのナビアプリを表示してカーナビとして使用できるほか、SiriやGoogleアシスタントによる音声認識にも対応しており、走行中でも画面を注視せずに目的地の検索や音楽再生などが行える。

「DMH-SZ700」

カロッツェリア専用アプリ「CarAVAssist」ではWebサイトのブックマークが可能で、YouTubeなどの無料動画配信サービスを本機のディスプレイと車載スピーカーで楽しめる。

ハイレゾ音源は96kHz/24bitまでの再生に対応し、Bluetooth接続ではLDACコーデックをサポート。圧縮音源やネットワーク動画、映像ソースなどをハイレゾ音源相当にアップグレードする「マスターサウンドリバイブ」機能に加え、「タイムアライメント」機能、「13バンドイコライザー」機能などの多彩なオーディオ調整機能も搭載。高音質パーツの採用や徹底したノイズ処理を施すなど、クリアで解像度の高い音の実現にこだわった仕様となっている。

HDMI入力(1,280×720p)にも対応し、メディアストリーミングプレイヤーを接続することも可能。なお、接続には別売のHDMI変換ケーブル「CD-HM120」もしくは「CD-HM110」が必要となる。USBデバイスやポータブルHDDに保存したフルHD動画の再生もできる。

市販ディスプレイオーディオ製品として国内初となる「Amazon Alexa」搭載も特徴。「アレクサ」と話しかけることで、天気やニュースを確認したり、スポット検索などが行える。また、Alexaスキルを使用することで、車内から家のエアコンなどのスマート家電もコントロールできる。本機専用「カロッツェリア スキル」を追加し、再生ソースの切り替えやイコライザー設定などのオーディオ操作を音声で行うこともできる。

上位機種となるDMH-SF700にはフローティング構造を採用し、1DINのスペースにHD画質の9インチ大画面モデルを装着することが可能となっている。DMH-SZ700は2DIN装着するモデルで、ワイドVGA画質のディスプレイを採用する。

関連リンク

関連記事