ネットワークスティックでWi-Fiスポット構築

カロッツェリア、車内向けインターネットサービス対応の「サイバーナビ」8機種

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:押野 由宇
2021年10月05日
パイオニアは、カロッツェリアブランドのカーナビゲーションシステム『サイバーナビ』8機種を11月に発売する。以下、価格はすべて税込の予想実売価格。

「AVIC-CQ912-DC」

【LS(ラージサイズ)メインユニットタイプ】
9V型「AVIC-CQ912-DC」 230,000円前後(ネットワークスティックセット)
9V型「AVIC-CQ912」 210,000円前後
8V型「AVIC-CL912-DC」 210,000円前後(ネットワークスティックセット)
8V型「AVIC-CL912」 190,000円前後

【200mmワイドメインユニットタイプ】
7V型「AVIC-CW912-DC」190,000円前後(ネットワークスティックセット)
7V型「AVIC-CW912」 170,000円前後

【2Dメインユニットタイプ】
7V型「AVIC-CZ912-DC」 190,000円前後(ネットワークスティックセット)
7V型「AVIC-CZ912」 170,000円前後

いずれもNTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応。同梱もしくは別売のネットワークスティックを接続することで、車内にWi-Fiスポットを構築でき、通信量を気にせずスマートフォンなどでストリーミングサービスを楽しむといったことが可能となる。

本体にWebブラウザ機能によって、YouTubeを直接再生できる「ストリーミングビデオ」を搭載。家庭用ブルーレイレコーダー の映像・録画コンテンツを遠隔再生できる「レコーダーアクセス」、自宅エリアの放送局のテレビ放送やBS/CS放送の視聴など、ネットワークを利用した機能が楽しめる。

ディスプレイには高精細HDパネルを採用し、HD解像度に対応。地図表示はもちろん、映像コンテンツやテレビなど様々な映像ソースを高コントラストかつ高解像度で描画し、繊細な色彩で再現するとアピールしている。

また音楽再生においても、ハイレゾ対応のほか、圧縮音源やCD音質を原音に近づけるという「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載することで、各ソースの音をアップグレードして楽しめると説明する。

さらに、ネットワークスティックやWi-Fiテザリングなどを利用した、自動地図更新に対応。追加費用なく自動で最新の道路地点データ情報に更新できるバージョンアップが、発売時から2024年10月31日までの最大3年分ついてくる。

関連記事