第3世代HDSS技術を採用

intime、筐体内部の見直しで開放感を高めたイヤホン「碧 Ti3 Edition2」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年03月22日
オーツェイドは、有線イヤホン「intime 碧 Ti3 Edition2」を4月中旬に発売する。3つの端子タイプが用意され、価格は3.5mmアンバランスが21,780円、2.5mmバランスが27,280円、4.4mmバランスが28,380円(いずれも税込)。

「intime 碧 Ti3 Edition2」(3.5mmモデル)

2019年8月に最上位モデルとして発売した「碧 Ti3」の後継として、「より開放感に優れた臨場感のあるサウンド」を目指して改良したモデル。現在の最上位モデルは「翔」となるが、その後もTi3の支持が厚いことから開発したという。

基本的な仕様はTi3と同様となるが、チタン筐体内部の微細な寸法見直しを実施。これにより装着した際に感じる閉塞感を抑え、さらに開放感のある音に仕上げたという。

ドライバーはハイブリッド型となり、10mmのチタンコートウーファーと、同社独自技術の積層型セラミックトゥイーター「第3世代VST2」を採用する。第3世代VST2では、低履歴特性のセラミック材料をベースに、より変位量の大きなセラミック素子を採用した。

加えて、第3世代HDSS技術を採用する。筐体内部の最適化を行うことで、HDSS技術による聴き疲れの少ない音に、intimeならではの抜けの良い音を追加。「絶妙なバランスの音質を実現」したとしている。

日本ディックス社製のハイブリッドケーブルを付属する。芯材はホット側がOFC+銀コート、コールド側がOFCとなる。プラグには日本ディックス製Pentaconn OFCプラグを採用する。

付属品一式

ほか、外観上の変更点として、3.5mmモデルもフィルターをシルバーからブラックに変更。2.5mmと4.4mmモデルではケーブル被覆のセレーションをフラットに変更した。再生周波数帯域は10Hz - 55kHzで、音圧レベルは100dB/mW、インピーダンスは22Ω。Acoustune製のイヤーピース「AET07」が4サイズ(S/M-/M/L)、本革ケース、ポーチが付属する。

関連リンク

関連記事