ブランド独自の「第3世代ドライバー」搭載

TFZ、大理石調フェイスプレートのダイナミック型イヤホン「LIVE3」

編集部:成藤 正宣
2020年11月20日
(株)伊東屋国際は、同社が取り扱うTFZブランドから、大理石のようなデザインのフェイスプレートを採用したダイナミック型イヤホン「LIVE3」を11月27日に発売する。オープン価格だが、市場では税込10,800円前後での実売が想定される。

「TFZ LIVE3」(レッド/ブルー/ブラック)

人間工学に基づいてデザインされた樹脂製ハウジングに、大理石を思わせるユニークな紋様のフェイスプレートを組み合わせたイヤホン。カラーバリエーションはレッド/ブルー/ブラックの3色。加えて、同社直販限定色としてホワイト/イエローもラインナップする。

大理石調のフェイスプレートが特徴。直販サイトでは限定カラーとしてホワイト/イエローもラインナップする

ドライバーユニットはブランド独自の11.4mmダイナミック型「第3世代ドライバー」を採用。ダブルマグネティックサーキット(デュアル磁気回路)とダイヤモンドライクナノ振動板により高調波と歪みを抑制し、音の厚みと透明度を向上させている。また駆動力も高く、接続機器を選ばずに高解像度で聴き心地の良いサウンドが楽しめるとしている。

デュアル磁気回路とダイヤモンドライクナノ振動板を採用する、独自の「第3世代ドライバー」を搭載

ケーブルは2pin端子で着脱が可能。付属ケーブルは銀コートOFC導体を採用しており、良好な高域特性とロスのない高品位な信号伝送を実現したという。ケーブル長は1.2mで、プラグ形状は3.5mmステレオミニ。

再生周波数帯域は5Hz〜40kHz、インピーダンスは20Ω、感度は108dB/mW。質量は片側約4g。

関連リンク

関連記事