月額1,980円から

パイオニア、ドラレコ初のサブスクサービス「ドライブレコーダー+」。緊急通報機能を搭載

編集部:川田菜月
2020年11月19日
パイオニアは、市販品では初となる緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーのサブスクリプションサービス「ドライブレコーダー+(プラス)」を、11月19日から公式オンラインサイト「パイオニア オンラインストア」にて開始。利用料金は月額1,980円(税抜)から。

「ドライブレコーダー+」

「ドライブレコーダー+」は、交通事故や車両のトラブルなどが起きた際、ボタン一つで助けを呼べる通信機能を搭載したドライブレコーダーのサブスクリプションサービス。9月30日よりクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売を開始し、達成率は627%と目標金額を大幅に上回る支援が集まった。

市販の通信ドライブレコーダーとして初めて「緊急通報機能」を装備。ボタンを押すとコールセンターにつながり、オペレーターが状況を確認、状況に応じて迅速かつ的確に救援サービスへ接続し対処してくれる。本機能では緊急時に警察・消防へ迅速に通報できる日本緊急通報サービスの「HELPNET」サービスを利用し、日本自動車連盟(JAF)のロードサービスと連携している。

そのほか、「名前」「現在地」「車両」等必要な情報を自動送信して家族への緊急事態通知を行う機能や、パイオニア独自のAI分析による高度な安全運転支援などの機能も提供。同社は「ドライバーに3つの『つながる』安心と安全をサブスクリプションサービスとして提供します」としている。

1カメラタイプで前方録画用の「TMX-DM04-CS」が月額1,980円(税抜)、2カメラタイプで前方と車両後方/車室内の同時録画用の「TMX-DM04-CS-FRC」が月額2,480円(税抜)。いずれもタッチパネル操作に対応、周囲の騒音を気にせずオペレーターとスムーズに会話できるとする、大型の高出力スピーカーを搭載する。

月額料金は端末、サービス利用料、通信費用込みの価格で、契約時には別途事務手数料として2,000円(税抜)が必要となる。WEBサイトから申し込みを受付、取り付けは自身で行う以外に、必要な場合は取付サービス提供事業者の紹介も行われる。

関連記事