AVC-X8500Hには最新モデルと同等の機能追加も

デノンのAVアンプ「AVC-A110/X8500H/X6700H」がDTS:X Proにアップデート対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2020年11月16日
デノンは、11月11日に同社のAVアンプ「AVC-A110」「AVC-X8500H」「AVC-X6700H」ファームウェアのオンラインアップデートを開始。これにより、DTSのサラウンド規格「DTS:X Pro」に対応したと発表した。

デノンのAVアンプ3機種が「DTS:X Pro」にアップデート対応

DTS:X Proに対応することで、上記3モデルでDTS:X/IMAX DTS:Xコンテンツを再生する際のチャンネル数上限が、従来の11.1chから13.1chに拡張。7.1.6や9.1.4といったスピーカー構成でサラウンド再生が可能となる。合わせて、「DTS Neural:X」によるアップミックスも13.1chまで対応した。なおAVC-X6700Hのみ、13.1ch再生を行うには外部パワーアンプの追加が必要となる。

上記の内容に加え、AVC-X8500Hは新4K/8K衛星放送で採用されている音声フォーマット「MPEG-4 AAC」のデコード、および「Dolby Height Virtualizer」機能に対応。AVC-A110やAVC-X6700Hなど、今年発売モデルと同等の機能が追加されたかたちとなる。

またAVC-X6700Hには、8K/60pや4K/120p対応のプレーヤー/テレビとHDMI接続した際に伝送速度を示すFRL(Fixed Rate Link)レートを表示する機能、およびスクリーンセーバー機能が追加。その他、幾つかの不具合修正が行われている。

各製品のアップデート内容の詳細は、同社サポートページから確認できる。

関連記事