新開発ユニット「f-Core DU」搭載

final、“同価格帯ではありえない” 音質を謳うイヤホン「A3000/4000」。12,800円から

編集部:杉山康介
2020年10月20日
エスネクストはfinalブランドより、完全新設計ドライバー「f-Core DU(エフコアDU)」を搭載するイヤホン「A3000」「A4000」を10月28日に発売する。価格はオープンだが、A3000は税込12,800円前後、A4000は税込15,800円前後での実売が予想される。

A3000

フラグシップイヤホン「A8000」の開発で生まれた、「トランスペアレントな音」を追求する“Aシリーズ”の新製品。手の届きやすい価格帯でトランスペアレントな音を実現するため、海外に新たに拠点を設け、振動板から各部接着剤に至るまでドライバーの部品全てを新設計し、φ6mmダイナミックドライバーユニット「f-Core DU」を開発。ドライバーを自社開発することで、“同価格帯ではありえない”高音質を実現したとしている。

振動板は通常の1/3程度の小ロットで丁寧にプレスすることにより、圧力の偏りを抑え、歪みのない均一な成形を実現。また振動板の時間応答性能を高めるため、ボイスコイルは30マイクロの超極細CCAWを使用し、最小限の接着剤で組み立てることで、可動部を軽量化しているとのこと。

完全新設計のドライバー「f-Core DU(エフコアDU)」

ドライバーフロントハウジングの素材には、アルミニウムより磁力の影響を受けにくく、かつ比重の大きいという真鍮を採用。コネクターは2pinで、オリジナルのOFCケーブルを付属する。

2pinコネクターを搭載し、リケーブルにも対応する

A3000は、ゆったりとした中に一音一音が輪郭を持って浮かび上がるように定位する、圧倒的にナチュラルなサウンドを目指したというモデル。筐体はマットブラックカラーで、指紋が付きにくく、質の高いテクスチャーを持つという「特殊マット塗装」が施されている。

A4000は、ボーカルや各楽器のリズムを明瞭に感じられ、自然と体が動き出すような高揚感が得られるサウンドをねらったモデル。筐体はダークブルーカラーで、A3000同様に特殊マット塗装が施されている。

A4000

両モデル共通の特徴として、ロック機構付きのイヤーフックやシリコン製キャリーケース、左右軸色違いのオリジナルイヤーピース5サイズが付属する。

シリコン製キャリーケースなどが付属する

関連記事