SeikinTVにて公開

AVIOT、完全ワイヤレス「TE-D01d mk2」PRでHIKAKIN・SEIKINとコラボ。特別動画公開

編集部:小野佳希
2020年08月28日
プレシードジャパンは、AVIOTブランドの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d mk2」について、人気YouTuberのHIKAKINさん、SEIKINさんとのコラボ動画を作成。YouTubeチャンネルSeikinTVにて公開がスタートした。

AVIOTがHIKAKINとSEIKINとコラボ

今回のタイアップ動画では、SEIKINが作詞・作曲を手がける楽曲「今」を、二人が「TE-D01d mk2」を装着した上でビートボックスを交えながら、 アカペラにて歌唱。 さらに、実際に「TE-D01d mk2」を使用した感想も語る内容になっている。

「TE-D01d mk2」は、従来モデル「TE-D01d」をベースに、ユーザーからの要望を受けて機能面や音質、質感など多方面にわたりブラッシュアップを図ったモデル。ドライバーの振動板をグラフェンから超薄型PUフィルムと高純度チタニウム振動板へ変更するなどで音質面を強化したことに加え、TrueWireless Stereo Plusへの対応、バッテリー性能向上など多くの機能強化を図っている。

HIKAKINさん コメント

とにかく音がクリアーで透き通っています。 そしてかなりシャープです。 いつも聴いている大好きな曲が体験したことのない音で楽しめるので、 こんな曲だったのか、 と新しい発見がありました。

また、 今の時代テレワークや友達と通話する機会が多い中、 通話においても音が聴き取りやすく、 そういった用途でも大活躍しそうです。 着け心地は着けていることを忘れるくらい自然で長時間つけられます。 本体もバッテリー付きケースも高級感たっぷりな1台。

SEIKINさん コメント

第一印象として全体的にスッキリしていてクリアな印象を受けました。 音の解像度が高く、 各楽器がしっかり分離して聞こえます。 ギターのピッキングの音やヴォーカルの息づかいまで非常に繊細に描写してくれます。 低域もタイトでアタック感があり、 すごく心地よいです。

また、 本体の形状もよく考えられていて、 長時間装着していても疲れにくいデザインになっていると思います。 まさに日本ならではの細かな気遣いを感じる1台です。

関連リンク

関連記事