限定WEB CMとインタビュー動画も公開

AVIOT、石野卓球コラボTWS「TE-D01d mk2-TQ」。“テクノサウンドが楽しく聴ける”卓球チューニングモデル

編集部:杉山康介
2020年09月01日
プレシードジャパンは、AVIOTとアーティスト・石野卓球のコラボ完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d mk2-TQ」を9月11日より発売する。価格は14,580円(税込)で、9月2日18時より予約受付が開始される。

AVIOT×石野卓球コラボ完全ワイヤレス「TE-D01d mk2-TQ」

石野氏が以前より「音楽を作るアーティストとして、オーディオ製品を作ってみたかった」という想いを持っていたことも相まって実現したという本コラボ。「TE-D01d mk2」をベースモデルに、石野氏のシンボルロゴをイヤホン本体やケースにあしらったデザイン。“オーディオ製品には珍しい”ポップなイエローのカラーリングも本人のこだわりポイントとのこと。

こだわりのイエローカラーと石野卓球ロゴが用いられたデザイン

音質面でも石野氏監修のサウンドチューニングが行われており、フラットを基調とした癖の少ないナチュラルな音造りを目指しているというベースモデルに対し、わずかに残っていた中高音域のピークを丁寧に調整し、スタジオモニターのようにフラットなトーンバランスにチューニング。特にアナログシンセが気持ちよく鳴り、石野卓球が手掛けるテクノサウンドをより楽しく聴けるとしている。

製品にはオリジナルポーチを同梱し、パッケージもオリジナルデザインを採用。ボイスガイダンスもオリジナルのものになっているとのこと。

パッケージはオリジナルデザインで、オリジナルポーチも付属

また本製品の発表にあたって、本日9月1日11時より石野氏の新曲「Ping Pong Groove」を起用した限定オリジナルWEB CMと、本人がコラボモデルに込めた想いや制作にあたってのこだわりを語るインタビュー動画が公開された。


関連リンク

関連記事