4Kダブルチューナー搭載

シャープ、4K有機ELテレビ「CQ1シリーズ」に48型追加。11/14発売

編集部:川田菜月
2020年10月14日
シャープは、4K有機ELテレビ「CQ1シリーズ」に48型「4T-C48CQ1」を追加し、11月14日から発売する。価格はオープンだが、253,000円前後(税込)での実売が想定される。

48型「4T-C48CQ1」を追加

CQ1シリーズは、同社初の4K有機ELテレビとして5月に発売。65型と55型の2サイズをラインナップしていたが、今回新たに48型が追加された。

チューナーは地上/BS/CSチューナー各3基と4Kチューナー2基を搭載し、4K放送視聴中に別の4K放送と地上波放送の2番組同時裏録画も可能。HDRは、HDR10、Dolby Vison、HLGに対応する。

8K映像技術を応用した4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載し。また放送やネット動画を高精細映像に変換する「4K Master アップコンバートプロ」、ITU-R BT.2020の色域を豊かに表現し10億以上の色表示を実現する「リッチカラーテクノロジープロ」に対応、動きの速い映像も残像感を抑えてクリアに表示するという「倍速技術」も搭載する。

有機ELパネルの輝度性能を最大限引き出すという独自制御「Sparkling Drive」を搭載。SDR/HDR10/HLGなどのフォーマットに合わせて明暗を描き分け、コントラストを緻密に表現するという独自アルゴリズム「スマートアクティブコントラスト」と組み合わせて、画素ごとに輝度を制御して、メリハリある映像表示を可能にするとのこと。

サウンド面では総合出力65Wの2.1chシステム「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載。またAndroid TVも搭載しており、Googleアシスタントも利用可能。無料アプリ「COCORO HOME VIEWER」にも対応する。

画面角度を左右計30度調整可能な回転式スタンドを採用。外形寸法は106.9W×68.1H×25.3Dcm、質量は約21.0kg(いずれもスタンド部含む)。

関連記事