元Astell&Kern創設者の新ブランド

新ブランドKontinumが日本上陸、DAP「K100」発売。EV向けバッテリーを搭載

編集部:成藤 正宣
2020年09月14日
(株)ホワイトストーン・ジャパンは、韓国のオーディオブランド・Kontinum(コンティナム)の取り扱いを開始。第1弾製品としてDAP「K100」を9月18日より発売する。価格はオープンだが、税抜158,000円前後での実売が想定される。予約は本日9月14日から開始する。

Kontinum「K100」

Kontinumは、Astell&Kernブランドの創設者として高級ハイレゾDAP市場の確立に尽力してきたJames Lee氏が独立し、新たに立ち上げたオーディオブランド。第1弾製品であるK100は、高級DAPの問題のひとつである、消費電力が高くバッテリーが劣化しやすいという点に着目して開発された。

Kontinumは、元Astell&KernのJames Lee氏が新たに立ち上げたブランド

電源として、電気自動車(EV)市場向け規格に準拠した21700型リチウムイオンバッテリー(4,900mAh/3.6V)を採用、メイン基板から独立した「バッテリーハウス」内に収納する。これにより放熱効率を高め、熱によるバッテリーの劣化と性能低下を抑制。またバッテリー交換も容易で、長期に渡って使用できるとしている。

EV向けバッテリーを採用。メイン基板から独立させて発熱対策とし、さらに交換自体も容易にした

DACチップは旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」を2基搭載し、PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzネイティブまでの再生、およびMQAフルデコードをサポート。独自のDSPモードを実装したXMOSと組み合わせることで「他に類を見ない完璧な32ビットデータデリバリー処理を実現」し、高性能DACへの徹底的な最適化で音源本来のサウンドを完璧に引き出す、としている。

独自のXMOSを組み合わせたAK4497EQのデュアル構成と、3.5mm/2.5mm端子からの高出力を両立

出力端子は3.5mmイヤホン/光デジタル出力、2.5mmバランス出力を搭載。最大出力レベルはアンバランス接続時で4.0Vrms、バランス接続時で8.0Vrms(いずれも無負荷時)を実現。これらの高精度なデータ処理や高出力を維持しつつ、最長約8時間の連続再生が可能としている。

インターフェースはAndroidをベースにした独自OSを搭載。Google Playストアには対応しないが、APKファイル形式で音楽ストリーミングサービスの再生アプリ等をインストールできる。

筐体はバッテリーハウス部分が大きく張り出したデザインで、縦向き/横向きどちらでも高いホールド性を発揮。付属の革製スタンドにより、縦置きも容易となっている。また、パッケージを簡素とする代わりに、本製品とセットで使用することを考慮したウエストバッグも同梱する。

バッテリー収納部が張り出した独特なデザインだが、縦/横どちらの向きでも持ちやすく、付属スタンドで縦置きも簡単に行えるとしている

パッケージを簡素にする代わり、実用的なウエストバッグを同梱する

その他、10バンドのイコライザー機能、Wi-Fi接続(802.11 b/g/n)、Bluetooth接続、USB-OTG出力に対応。内蔵ストレージは128GB、外部ストレージはmicroSDXCスロットを1基搭載する。外形寸法は82.5W×133.5H×34.5Dmm(最厚部)、質量は約295g。

関連リンク

関連記事