最新ファームウェア バージョン3.5

SHANLING、小型DAP「M0」がBluetoothヘッドセットの音量調整に対応

編集部:平山洸太
2020年07月15日
伊藤屋国際は、同社が取り扱うSHANLINGのDAP「M0」の最新ファームウェア バージョン3.5を公開。Bluetoothヘッドセットの音量調整機能に対応した。

Shanling「M0」

Bluetoothヘッドセットの音量調整機能では、専用のボリュームコントロールを備えたBluetoothヘッドホンやスピーカーの音量操作が可能に。再生中の楽曲をロック画面に表示する設定も追加された。

機能修正では、AirPodsなど一部TWSイヤホンとの互換性向上や、低音量時の最適化などを実施。EQ機能の調整も行われ、調整を行う帯域のスライダーに触れることで、画面から指を離さずに他の帯域のスライダーを触れても最初に触れた帯域の変更ができるようになる。

そのほか、ISOファイル/DSD128の再生についての改善や、システムクラッシュを引き起こす特定のFLACファイル問題、その他のバグの修正を実施。言語設定にウクライナ語も追加された。

関連記事