HOME > ニュース > “そら豆”デザインのGalaxy「Buds Live」を試した。他にはない装着感で耳の痛みゼロ

シリーズ初のオープンイヤー/NCモデル

“そら豆”デザインのGalaxy「Buds Live」を試した。他にはない装着感で耳の痛みゼロ

2020/09/10 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
サムスンが9月4日より発売を開始した、ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」。そのメディア向け体験会が本日9月10日に実施された。

「Galaxy Buds Live」

Galaxyシリーズ初となるノイズキャンセリング機能を搭載した本機は、その独特なデザインがまず目にとまる。「Galaxyではデザインとつけ心地を重視した」としており、カナル型での長時間着用による耳の痛みなどのストレスを避け、あえてこちらもシリーズ初のオープンイヤー型を採用した。

カラーはミスティックブロンズ、ミスティックブラック、ミスティックホワイトの3種類を展開。なかでもミスティックブロンズが一番人気だという。サイズは本体、充電ケースともに小さく、特に装着している状態だと “イヤホン感” がないデザインになっている。

左からミスティックホワイト、ミスティックブロンズ、ミスティックブラック

装着方法については、他のイヤホンに慣れていると少し戸惑いそうだ。よく見ればすぐわかるのだが、 “そら豆” のような本体デザインのうち、出っ張った上の部分ではなく、下部に音の出口が設けられている。この出口を耳の穴に合わせたら、あとは “そら豆” のなだらかな流線を耳のくぼみにフィットさせればいい。

上の出っ張りではなく、下が音の出口

その装着感も独特。カナル型では耳の穴に圧迫感があり、通常のオープンイヤー型でも引っ掛けている感覚がある。Buds Liveではくぼみにうまくフィットさせることで、その重さが分散され、耳への負担が感じられない。そう長く着けていたわけではないが、これは長時間でも疲れにくいのは間違いなさそうだ。

装着イメージ

ノイズキャンセリング機能は、オープンイヤー型ということもありオンの状態でも完全に外音を遮断することはない。空調の大きなゴーッという音が、半分以下まで低減されるような印象で、人の会話なども小さくなるとはいえわずかに聞こえてくる。一方で、どこでも使えるという意味では、このくらい外音を取り込んでくれると安心感がある。パッシブ/アクティブのノイズキャンセリング性能が高すぎると、音楽に没頭することはできても、後ろから近づくクルマのエンジン音など聞かなくてはいけない音もスルーしてしまうことが多々ある。

本体と同色の充電ケース。ともにコンパクトなデザイン

サウンドチューニングにはAKGサウンドテクノロジーを投入。12mmのドライバーとベースダクトを搭載することで「低音と厚みのある高音質で、動画やゲームの臨場感あふれるオーディオが体験」できるとアピールする。実際にその音を聞いてみると、ことさらに低音をブーストするということはなく、上品ながら存在をしっかり主張して、音楽をしっかり下支えする低音が楽しめる。こもりがなく、カラッとクリアな傾向で、密閉型のようなサウンドとオープンイヤー型らしい開放感を両立したような印象だ。

タッチ操作はシングル/ダブル/トリプルタッチは音楽再生/曲送り/曲戻しで固定されているが、長押しには左右それぞれに操作をカスタムして割り当てることができる。設定はAndroid/iOSの両方に提供されるアプリ「Galaxy wearble」から可能だ。本アプリからは、イコライザー設定なども行える。

「Galaxy wearble」アプリから各種設定が行える

また、アプリ内には開発中の機能として、遅延を最小限に抑える「ゲームモード」と、ノイズキャンセリング機能をオフにしている状態で感じる圧迫感を軽減する機能が用意されていた。ゲームモードは「遅延がない」と説明されており、その場でゲームを試すことはできなかったが、現在実装の準備中とのことで期待して待ちたい。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク