外音取り込み機能を搭載

AVIOT、1万円切り完全ワイヤレスの新モデル「TE-D01gv」。最新SoCでaptX Adaptive対応

編集部:平山洸太
2020年06月25日
プレシードジャパンは、AVIOTブランドの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01gv」を7月17日に発売する。価格は9,000円(税抜)。ブラック、コーディナルレッド、アイボリー、パールホワイトの4色をラインナップする。

「TE-D01gv」

従来モデルの「TE-D01g」のサイズはそのままに、基本性能を高めたというモデル。最新SoC「QCC3040」を採用することで、イヤホン単体で最大11時間、ケース併用で最大50時間の再生を実現。また新設計アンテナを組み合わせることで、電波の飛び交う街中や電車内においても、音の途切れを最小限に抑えているとする。

Bluetoothはバージョン5.2に対応し、コーデックはSBC/AAC/aptXに加えて、aptX Adaptiveにも対応する。aptX Adaptiveでは、電波の混雑具合や音声のデータ量に応じて、転送ビットレートを変更。これにより、対応Android端末との組み合わせで高い接続安定性を実現するという。

製品イメージ

ドライバーにΦ6mmダイナミック型マイクロスピーカーを使用する。振動板には軽量で高剛性のチタン蒸着PUを採用し、マグネットには高磁束密度のネオジウムマグネットを採用。サウンドは、「情報量は多いのに滑らかで刺さりの少ない高音域、艶めかしく音像が眼前に浮かび上がるような美しい中音域、聴感を騙すブーストを排除し、 深くてリニアな低音域」と説明する。

装着イメージ

マイクには高感度MEMSマイクを採用し、新たに外音取り込み機能を搭載する。cVcノイズキャンセリング機能との相乗効果で、クリアな通話が行えるとのこと。ノートPCやタブレットなどに接続することで、テレワークやオンライン授業でも活用できるという。イヤホン本体はIPX7の防水を搭載。USB Type-Cポートを搭載し、15分の充電で最大3時間再生の急速充電機能も備える。

関連リンク

関連記事