HOME > ニュース > ケンウッド、ブランド初の3色カラバリ機「DRV-350」などドライブレコーダー3モデル

「DRV-355」「DRV-250」も

ケンウッド、ブランド初の3色カラバリ機「DRV-350」などドライブレコーダー3モデル

2020/08/28 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、ブランドとして初めてブラック以外のカラーバリエーションも用意する「DRV-350」など、ドライブレコーダーの3モデルを9月下旬より発売する。いずれもオープン価格で、ラインナップと税抜の予想実売価格は下記の通り。

DRV-350

・DRV-355 16,000円前後
・DRV-350 14,000円前後
・DRV-250 12,000円前後

「DRV-355」は「DRV-350」に32GBのmicroSDHCカードを付属したモデルで、本体色はブラックのみ。「DRV-350」は上記の通り3色のカラーバリエーションを用意し、ブラック/シルバー/ブルーの3色を展開する。「DRV-250」はGPS搭載を省くことで低価格化を実現したモデル。なお、「DRV-350」「DRV-250」も16GBのmicroSDHCカードが付属する。

DRV-355

全モデルに、水平122度、垂直63度、対角150度の広視野で、かつF1.8の明るいレンズを搭載し、フルHDによる高画質録画が可能。また、SDカードの録画領域をあらかじめ確保して断片化を未然に防止し、SDカードのエラーを防ぐ独自の記録システム「SDカードメンテナンスフリー」機能も搭載している。

DRV-350は全3色での展開

万が一の際に迷わず、すばやく押して録画を開始できるよう配慮したという「緊急イチ押し録画ボタン」も装備。ボタンを押すだけで録画をスタートでき、録画映像は書き換えがされないイベントフォルダに自動的に移動、保存される。

DRV-250

また、別売の車載電源ケーブル「CA-DR350」を使用することで、最長24時間の「駐車監視タイマー録画」にも対応。駐車中の衝撃や、動体の検知にも対応し、検知前の3秒間と検知後の57秒間の計60秒間の録画が行える。そのほか「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」も搭載している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE