両ブランドのロゴをプリント

ケンウッド、NISMOコラボ完全ワイヤレスイヤホン「KH-CRZ50T」。赤/黒カラーでモータースポーツをイメージ

編集部:押野 由宇
2020年07月30日
JVCケンウッドは、KENWOODブランドと、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルのNISMOブランドとのコラボレーションモデルとして、完全ワイヤレスイヤホン「KH-CRZ50T」を8月5日より発売する。価格は16,830円(税込、送料・手数料別途)。

「KH-CRZ50T」

NISMOとKENWOODのダブルブランド商品として、両ブランドロゴを本体と充電ケースにプリント。またNISMOのブランドカラーであるレッドとブラックのツートンカラーを採用することで、モータースポーツをイメージしたデザインとした。また、本体表面には微細な凹凸を施した、肌触りの良いストーン仕上げを採用している。

イヤホン本体で約5.5時間、充電ケースと合わせて最大16.5時間の音楽再生が可能。15分の充電で約1時間の再生が行えるクイック充電に対応する。Bluetoothは5.0、SBC/AACコーデックをサポートする。

充電ケースの中も2トーンカラー

楽曲や気分に合わせて切り替えが可能なFLAT/BASS/CLEARという3種類のサウンドモードを搭載。マイクを内蔵しており、音声アシスタントの起動やハンズフリー通話にも対応する。XS/S/Mの3サイズのイヤーピースを付属。

なお、本商品の販売については、“SUPER GT”シリーズのNISMOブースのほか、全国の日産販売会社、日産グローバル本社ギャラリー内「日産ブティック」、オフィシャルショッピングサイト「日産オンラインショップ」、Club NISMO 会員向けサイト「Club LOUNGE」などで、合計500台限定での販売を予定している。

関連記事