ドライバーをモジュール化して音質追求

NUARL、初のノイキャン完全ワイヤレス「N10 Pro」。デュアル・デジタルANC採用

編集部:平山洸太
2020年07月22日
エム・ティ・アイは、オリジナルブランドのNUARLより、アクティブノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン「N10 Pro(NUARL N10 Pro ANC TRULY WIRELESS STEREO EARBUDS)」を9月上旬に発売する。価格は24,500円(税抜)。手持ちのNUARLイヤホンを有償でN10 Proに交換できるトレードアップサービスも用意する。

充電ケース

「N10 Pro」

独自のφ10mmダイナミック型ドライバー「NUARL DRIVER [N10]v3」を搭載する。剛性と弾性に優れるPEEK振動膜の表面にTPEとチタンを皮膜蒸着した「PTT多層皮膜振動板」と、ダブルマグネット磁気回路を採用。「高域から低域までキレのあるパワフルなサウンド」を再生するという。

またドライバーを金属筐体に収納してモジュール化することで、有線イヤホンと同じアナログ音調を追求。加えて、イヤホンモジュールとSoC内蔵のDSPを駆使したデジタルイコライザーを組み合わせ、“これまでにない繊細な音質チューニングを行った” とする。

歪みを抑えて臨場感を再現するHDSSを採用。従来から効率を30%向上した第3世代ETL音響モジュールを筐体に内蔵し、カナル型イヤホンにありがちな頭内定位を防ぎ、厚みと立体感のある自然な音の広がりを再現するとのこと。

使用イメージ

SoCにはQualcommの「QCC5124」を搭載。アンテナは独自の指向性制御技術を採用し、音途切れの少ない接続安定性も追求している。Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応する。

アクティブノイズキャンセリング機能は、Qualcomm「Active Noise Cancellation technology」によるフィードフォワードNC+フィードバックNCのデュアル・デジタルANCを搭載。外音取り込み機能にも対応する。

連続再生時間は、ANCオン時のイヤホン単体で最大5時間、オフにすると最大7時間。ケースを組み合わせることで最大30時間の再生が行える。イヤホンの内蔵バッテリーは安全性に配慮し、アルミケースで封印したボタン型電池を採用することで、発熱しても膨らまず落下など衝撃にも強い高堅牢性を備える。また電源を入れるごとにバッテリー残量の多い方を親機にするロールスイッチ機能も搭載する。

iOS/Android対応の専用アプリ「N10 CONNECT」を使用することで、各種機能のカスタマイズが可能。ANC/外音取込みのオンオフとモード切り替え、聴覚保護機能のオンオフをはじめ、最小・最大音量レベルの設定、再生コーデックのオンオフ、イコライザー設定、メインボタンの操作変更などに対応する。接続が切れた時点を地図上に表示する「Find Earbuds」機能も備える。

アプリ画面イメージ

イヤホンからのコントロールにも対応し、後方の専用サブボタンからANCと外音取込み機能のオンオフが可能。またイヤホン下面のメインボタンでは、スマートフォンの音楽再生操作、音量調整、着信操作が行える。また専用ツインCVC(Clear Voice Capture)マイクを搭載し、通話や音声入力、Siriなどの音声コマンド、リモート会議などが快適に利用できるとする。

装着イメージ

2種類の抗菌イヤーピースと装着安定性を高めるイヤーフックを付属。イヤーピースは装着感と遮音性を両立するシリコンタイプ「Block Ear+」を4サイズ、遮音性と利便性を兼ね備えたフォームタイプ「Magic Ear+ for TWE」を3サイズ同梱する。またイヤホンの内部にナノコーティングによる撥水処理を施すことで、IPX4相当の耐水性を備える。

そのほか、プロダクトデザイナーにAkihiro Momozaki(by BATTLES DESIGN)を起用し、「一見シンプルながら波紋が消えていくさま」を意匠として採用。片側を紛失した場合に新品の1ペアと有償交換できる1年間の紛失サポートも付帯する。充電ケースの外形寸法は95.5W×339.3H×36.8Dmmで、質量は約66.0g。

関連リンク

関連記事