5千円台の完全ワイヤレスも発表

OPPO、最大35dBのノイキャン完全ワイヤレス「Enco W51」。スマートウォッチも

編集部:平山洸太
2020年07月21日
オッポジャパンは、完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W51」「OPPO Enco W11」および、スマートウォッチ「OPPO Watch」を発表した。Enco W51は15,800円(税込)、Enco W11は5,800円(税込)で、8月上旬の発売を予定。またOPPO Watchは25,800円(税込)で、8月下旬の発売を予定する。

「Enco W51」(左)/「Enco W11」(右)

「OPPO Watch」

Encoシリーズは、防水・防塵機能を備えるほか、左右同時伝送方式により、低遅延の音楽視聴や通話を実現するという完全ワイヤレスイヤホン。Enco(アンコー)は、「何度でも聴きたい」という意味のアンコールから名付けたとしている。

Encoシリーズの特徴

W51は、電車の中でも音楽がクリアに聞こえるという、最大35dBのノイズキャンセリングを搭載。フィードフォワード制御とフィードバック制御を備えたハイブリッドノイズキャンセリング機能となっている。

「OPPO Enco W51」

ドライバーは7mmのダイナミック型。振動板はダイヤモンドよりも硬い性質をもつグラフェンでコーティングし、音の立ち上がりとレスポンスを向上したという。ケースを併用することで最大20時間の連続使用が可能。約15分の充電で最大9時間使用できる急速充電や、ワイヤレス充電にも対応する。

またW11では、チタンでコーティングした8mmの振動板を採用する。これにより、パワフルな低音域を実現。通話に最適な音の伸びや、高域から低音までのディテール表現力に特徴があるという。ケースを併用することで最大20時間の連続使用が可能。約15分の充電で最大1時間使用できる急速充電にも対応する。

「OPPO Enco W11」

チタンでコーティングした8mmの振動板を採用

どちらの機種も対応コーデックはAACとSBCで、Bluetoothのバージョンは5.0。W51はIP54、W11はIP55の防水性能を備える。

OPPO Watchは、「ふだん使いや健康管理にもうれしい4つの機能を備える」とするスマートウォッチ。ケース径は41mmで、ブラック、ピンクゴールド、シルバーミストの3色をラインナップする。

「OPPO Watch」

画面には320×360ピクセルの1.6インチ有機ELディスプレイを搭載する。汗や雨だけでなく、水泳中でも使用できるという3気圧防水を採用する。

OSにはGoogle Wear OSを搭載し、Google Playから4,000以上のアプリを利用可能。AndroidだけでなくiOS端末にも対応する。

Google Wear OSを搭載

バッテリーは通常でも24時間、省エネモードで最大2週間の使用が行える。独自の急速充電技術「VOOC Flash Charge」により、75分でフル充電が可能。

「VOOC Flash Charge」を搭載

健康管理機能では、体脂肪燃焼をサポートするランニング機能、運動が楽しくおコネ会えるフィットネス機能、泳いだ距離やフォームを分析できるスイミング機能を装備する。

加えて、睡眠トラッキング機能では、AIが睡眠の深さや睡眠時間の計測を実施。これにより、最適な睡眠方法の提案を行うという。

ユーザー満足度100%を目標に商品展開

本日、オンラインで発表会が開催された。同社ショールームより中継が行われ、同社取締役の河野謙三氏が今後の戦略を語った。

オッポジャパン株式会社 取締役 河野謙三氏

まず2020年夏までに達成できた成果として、「キャリアでの5G端末発売開始」「SIMフリー市場でのユーザー支持獲得」を実現できたと説明。数年前からアプローチした結果、7/22にKDDIから「Find X2 Pro」、7/31にソフトバンクから「Reno3 5G」の取り扱いを実現できたという。

大手キャリアから5G端末を発売

2020年夏に達成できた成果目標

また2019年には、日本においてSIMフリーブランド販売台数トップ3を達成。昨年10月に発売した日本専用モデル「Reno A」や、今年発売した後継モデル「Reno3 A」の売れ行きも好調と説明した。

2020年の事業戦略については、「ユーザーが必要とするものは何かを徹底的に考え、商品づくりに専念する」という、企業哲学の「本分」に基づき、ユーザー満足度の最大化を目標にしていくとのこと。今年2月の調査ではユーザーの80%が「購入して満足」と回答したとのことだが、これを100%に伸ばしていくのが目標だ。

約80%のユーザーが満足と回答

河野社長はまた、満足度を向上させるカギとして「体験の心地よさ」を挙げ、これを重視した商品設計、拡張する商品展開、コミュニケーションを行っていくと表明。今回発表したIoTデバイスは、体験の心地よさを拡張する商品として、在宅時間の増加によるコンテンツ視聴の充実と健康管理需要に応えたものだという。

満足度最大化を目指す3つのアクション

IoT新製品を日本市場に初投入

また、本日7月21日より放映開始となる新CMも披露。これまでRenoシリーズでイメージキャラクターを務めていた指原莉乃さんに、木梨憲武さんが加わる。発表会では、撮影の裏話なども語られた。

新CMを披露

撮影の裏話も語られた

関連リンク

関連記事