3ウェイ機と2ウェイ機

カロッツェリア、TADのCSTドライバーを初搭載した車載向けスピーカー2機種

編集部:風間雄介
2020年08月20日
パイオニアは、カロッツェリアブランドのスピーカーハイエンドモデル「PRS(Pioneer Reference Series)スピーカー 」の新製品として、TADのコア技術を市販の車載スピーカーとして初搭載したモデルを投入。3ウェイスピーカー「TS-Z900PRS」と2ウェイハイレンジ「TS-HX900PRS」として、9月に発売する。

価格は3ウェイの「TS-Z900PRS」が128,000円、2ウェイハイレンジ「TS-HX900PRS」が78,000円(いずれも税抜)。3ウェイモデルは単独でフロント3ウェイが構築でき、2ウェイハイレンジモデルは他のウーファーユニットと組み合わせてシステムを組み上げる。クロスオーバーネットワークも同梱する。

3ウェイの「TS-Z900PRS」

両モデルとも、カロッツェリアスピーカーの設計思想に加え、低クロスオーバーによる広指向特性と全帯域にわたる低ひずみをキーワードとした同社のサウンドコンセプト「Open & Smooth コンセプト」をさらに追求した。

2ウェイハイレンジの「TS-HX900PRS」

また両機は、パイオニアのハイエンドオーディオブランド、TADのコア技術「CSTドライバー」を、市販の車載スピーカーとして初めて採用した。ドライバーの口径は7.3cm。

CSTドライバーはトゥイーター部とミッドレンジ部を同軸上に配置したドライバーで、高域と中域の到達時間に差が生まれず、位相ずれが発生しないため、定位が安定し、豊かで自然な音場空間を実現するという。またこの構造を採用したことにより、セパレート2ウェイタイプのスピーカーと同等の取り付け方法でフロント3ウェイシステムを構築できることも利点となる。

また搭載したCSTドライバーは、トゥイーター部のマッチングホーンとミッドレンジのコーン形状をシームレス化。これによりトゥイーターの指向特性をコントロールし、可聴帯域で左右の角度が軸上から外れても、軸上特性と遜色のない広指向特性を実現したという。

なお3ウェイの「TS-Z900PRS」は、中域を中心とした広帯域に渡ってピークやディップの少ないフラットな周波数特性を実現した、17cm2層構造のカーボンファイバーコーンウーファーを採用している。

CTSドライバー用のダッシュボード取り付け用台座と、ピラー取り付け用補助スペーサーも同梱。好みの場所、幅広い車種への取り付けに対応する。

両機ともに、瞬間最大入力は180Wで、定格入力は50W。出力音圧レベルは84デシベル、インピーダンスは4Ωとなる。


「CSTドライバー」を搭載した

関連記事