32型と24型の2サイズ展開

東芝、液晶テレビ“レグザ”新シンプルモデル「S24シリーズ」

編集部:小野佳希
2020年04月08日
東芝映像ソリューションは、映像エンジン「レグザエンジンファイン」搭載でUSB-HDDへの裏番組録画などにも対応する液晶テレビ “REGZA” 「S24シリーズ」を4月17日に発売する。32型と24型の2サイズ展開で、32型機「32S24」が税抜44,000円前後、24型機「24S24」が税抜30,000円前後での実売が予想される。

レグザ S24シリーズ

地デジ/BS/110度CSチューナーを2基搭載し、機能を絞ることで手頃な価格にしたシンプルモデル。画面解像度は1,366×768で、直下型バックライトを採用している。なおバックライトのエリア駆動には対応していない。

映像エンジンに「レグザエンジンファイン」を搭載。同エンジンによって残像低減や、階調・質感・色彩表現に富んだ映像処理を行うとするほか、番組表を高速起動するなど、快適なテレビ視聴・操作を実現するとアピールしている。

レグザエンジンファイン

1シーンごとにヒストグラムを作成し、映像信号を補正する「質感リアライザー」機能も装備。暗部の取得精度を上げて解析を行うことで、暗部と明部をしっかり描写することに加え、輝度のダイナミックレンジをいかした立体感・奥行感のある映像を再現するという。

質感リアライザーの適用イメージ

「地デジ精細感復元」機能も搭載。地上デジタル信号の映像をローカルエリアごとの映像解析により平坦部とテクスチャー部を判別し、画素ごとに適した処理を行うことで、ノイズを際立たせることなく高精細でクッキリ感のある映像再現を図っている。

加えて、「カラーテクスチャー復元」機能も搭載。彩度に合わせて輝度を強調・加算する回路技術により、色の濃い映像も細部の質感まで鮮やかに再現するという。

映像の種類に合わせて適した映像処理を行う映像モードは、ゲーム/映画/標準/ライブ/あざやか/PCの6種類を用意。ゲームモードはHDMI入力時およびビデオ入力時に、PCモードはHDMI入力時に選択できる。HDMI入力端子は2系統を装備している。

また、ゲームモードでは1080p 60Hz入力時に約18.33msecの低遅延を実現。「瞬足ゲームモード」と名付けてアピールしている。

前述のように外付けUSB-HDD録画にも対応。Wチューナーモデルであるため、録画中でも操作を制限されることなく他チャンネルの番組を視聴できる。また、録画番組を自動でチャプター分割するマジックチャプター機能も備えている。

リモコンには、大きな文字で使いやすさに配慮した「シンプルレグザリモコン」を採用。チャンネルボタンやカーソルボタンなど、よく使うボタンの文字を大きくすることで視認性に配慮している。

本機のリモコン

スピーカーの実用最大出力は、32型モデルが12W(6W+6W)で、24型モデルが8W(4W+4W)。24型モデルはほぼ同スペックの「S22シリーズ」同サイズ機の4Wより出力が向上している。なおS22シリーズは32型と24型の販売を在庫限りで終了し、今後は40型と19型の2サイズ展開となる。

関連リンク

関連記事