左右のスイーベルにも対応

東芝、テレビを手軽に壁掛けスタイルにできるローボード「RWB-S150A」。工事不要

編集部:小野佳希
2019年06月13日
東芝は、壁への穴開けや補強工事をせずにテレビの壁掛け設置スタイルを可能にするローボード 「RWB-S150A-O」「RWB-S150A-W」を6月下旬に発売する。オープン価格だが7万円前後での実売が予想される。

RWB-S150A

利用イメージ

バックパネル付きローボードにテレビを取り付けることで、まるでテレビを壁に掛けているような視聴スタイルを実現できる製品。ケーブル類はすべてローボードの裏側に配線できるようになっている。

テレビを設置するバックパネル付きのローボード

左右にそれぞれ約8度、テレビの向きを調整することが可能。カラーバリエーションとして、ナチュラルな明るい色味のオーク、重厚な褐色系の色味の ウォールナットの2色をラインナップしている。

左右へのスイーベルにも対応

外形寸法は1,500W×885H×390Dmmで、質量は32.1kg。スタンドを除く本体質量30kgまでのテレビに対応している。

なお本製品は「レグザ純正テレビローボード」として展開し、同時発表のX930シリーズやX830シリーズなど対応モデルも公式サイトなどで案内している。

関連リンク

関連記事