実例/アワード/ソフト/トレンドと特集4本を掲載

「ホームシアターファイルPLUS Vol.4」が本日発売!様々な実例や今年度ベストソフトなどを紹介

季刊 ホームシアターファイルPLUS編集部
2020年03月25日
弊社音元出版より刊行しているホームシアターの総合誌、季刊「ホームシアターファイルPLUS Vol.4」が、本日3月25日(水)発売となった。定価は1,500円(税込)。

「ホームシアターファイルPLUS Vol.4」表紙はこちら

今号の巻頭特集は「一生楽しめるホームシアター」をテーマに、年代別に変わる暮らしの優先順位にあわせて最適なホームシアターのスタイルを紹介。ひとり暮らしの場合、小さな子どもと3人暮らしの場合、親と同居する二世帯住宅の場合など、様々な家族のカタチにあわせたホームシアターづくりを考察している。

子どもの誕生や進学、親との同居など、人生の転機と一緒にホームシアターづくりをした実例を今回も多数紹介

今号も全国のホームシアター実例を多数掲載

第2特集は、「ホームシアターグランプリ2020」のプロダクト部門の発表。このアワードは、ホームシアターづくりの専門家であるプロショップの皆様からの投票で決定する賞。選定基準は画質や音質などクオリティ目線に加えて、設置/施工のしやすさ、機能性、サイズなど実際に施工するプロの目線で推奨できるかも大きく関わっている。読者の皆様のホームシアターづくりにぜひお役立ていただきたい。

全国の有力プロショップの投票のみで決まるホームシアターグランプリ。お買い物ガイドとしてご活用いただきたい

第3特集では、UHD BDディスクをはじめパッケージメディアの2019年度を総括する「グレイテストソフト特集」を掲載。本誌で好評連載中のクオリティチェックをベースに、Blu-ray・DVD制作プロデューサー兼オーディオ・ビジュアル評論家の伊尾喜大祐氏がベストディスクを選定する。

ホームシアターシステムの実力が発揮できるハイクオリティのディスクを紹介! また大橋伸太郎氏による『ジョーカー』のレビューも掲載

第4特集では、8Kテレビの最新情報をまとめた「8Kテレビを追い掛けろ」を掲載する。各社の8K取り組みや最新モデルのレビューなど、他ではなかなか読めない情報をご紹介する。

最新機種のレビューをはじめ、8Kテレビの今が分かる

その他、ホームシアター実例集「映画館のある家」も好評連載中。テレビシアターを応援する「TV THEATER LABORATORY」では、スタイリッシュな壁寄せスタンドを使ったシアタースタイルの紹介など、入門者からベテランの方まで楽しめる内容をご用意している。ぜひお近くの書店やamazonなどのECサイトにてお買い求めいただきたい。

好評連載の実例集「映画館のある家」も巻末に掲載する

本誌はテレビシアターも大プッシュ! 最新の壁寄せスタイルも取り上げる

関連記事