2Kにダウンコンバート

デジオン、4K8K放送をスマホ/タブレットでも視聴可能に

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:風間雄介
2020年03月19日
デジオンは、スマホやタブレット向けのプレーヤーアプリ「DiXiM Play」を3月後半にアップデート。4K対応レコーダーで2Kにダウンコンバートした4K8K放送番組の再生を行えるようにする。

昨年、4K8K放送のコンテンツ保護方式「DTCP2」が、デジタル放送に関する標準規格策定を行う一般社団法人 電波産業会(ARIB)に認定された。これによって4K8K放送番組も、家庭内のネットワーク経由でストリーミング視聴、ムーブ/コピーできるようになった。この春発売のレコーダーから、これらの機能が搭載されたものが登場している。

デジオンのレコーダーなどサーバー向け開発キット「DiXiM DMS Plus2」では、DTCP2に対応し、上記の4K8K放送のネットワーク経由再生などが行える。それだけでなく、4K8K放送番組を2Kにダウンロードし、DTCP-IPでコンテンツ配信を行うこともできる。

一方のプレーヤーアプリ「DiXiM Play」は3月後半より順次、4K対応レコーダーで2Kにダウンコンバートされた4K8K放送番組の再生に対応する予定だ。

これらを組み合わせることで、DiXiM Playをインストールしたスマホやタブレットを使って、ネットワーク経由で4K BS放送などのチャンネルを視聴できるようになる、と同社では説明している。

ソリューションのイメージ

関連リンク

関連記事