カーリー・レイ・ジェプセンのライブや高橋一生のスナフキン旅など

NHK、N響「第9」を8Kで生中継。松田龍平出演ドラマの4K放送など年末年始の放送予定発表

編集部:小野佳希
2019年11月21日
NHKは、年末年始特番の一部放送予定を発表。NHK交響楽団の「第9」演奏会を8Kで生中継や、松田龍平が芥川龍之介を演じるスペシャルドラマの放送、4Kではカーリー・レイ・ジェプセンのライブ、「高橋一生の気ままにスナフキン旅」の放送などを行う。

NHK公式サイトより

N響「第9」8K生中継は12月21日(土)17時-18時30分に放送。松田龍平が芥川龍之介を演じるスペシャルドラマは「ストレンジャー 〜上海の芥川龍之介〜」というタイトルで、12月30日(月)21時からの放送。1921年(大正10年)に芥川が特派員として訪れ克明に活写した100年前の中国を8Kカメラで映像化したという。本作は4Kでも放送する。

BS 4Kで音楽ライブを複数放送。「4Kスーパーライブ カーリー・レイ・ジェプセン」を12月29日(日)21時から放送することに加え、「4K洋楽倶楽部」でこれまで放送したエリック・クラプトン(13時-)やザ・ローリング・ストーンズ(14時40分-)、クイーン(16時30分-)のライブを12月30日(月)に一挙放送する。

「高橋一生の気ままにスナフキン旅」は12月28日(土)20時からの放送。BS4Kで放送中のアニメ「ムーミン谷のなかまたち」でスナフキンを演じている高橋一生が、から自らも大ファンだというムーミンの故郷フィンランドを訪れる紀行番組で、現地の家族と森に分け入ってムーミンたちのようにきのこ狩りを楽しんだり、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンが幼少時代を過ごしたサマーハウスを訪れたりする。

そして年明け2020年1月1日(水)19時からは、日本画家、千住博に迫る「千住博 空海の宇宙(そら)を描く」を放送。高野山金剛峯寺で開山以来1000年以上空白だった大主殿の襖に初めて描かれる絵を任された千住博の、5年間の創作の記録だという。

関連リンク

関連記事