「EB-L20002U」「EB-L12002Q」

エプソン、高輝度ビジネスプロジェクターにホワイトモデル。空間との調和目指しカラバリ拡充

編集部:押野 由宇
2019年11月11日
エプソンは、ビジネスプロジェクター高輝度モデル「EB-L20002U」「EB-L12002Q」を、本日11月11日より受注開始する。価格はオープンだが、市場想定価格はともに予価でEB-L20002Uが750万円、EB-L12002Qは930万円。

「EB-L20002U」「EB-L12002Q」にホワイトモデル追加

ネイティブ4K(3,840×2,160)パネルを同社として初搭載した「EB-L20000U」、およびWUXGA解像度で20,000ルーメンの高輝度を実現する「EB-L12000Q」のホワイトカラーモデル。コンサートやイベントなど空間に馴染む設置の可能性を広げることを目的に、カラーバリエーションの増強を図った格好。

ともに1mの投写距離で134インチ、最大1,000インチの投写が可能な超短焦点ゼロオフセットレンズに対応。超短焦点ゼロオフセットレンズにもホワイトモデル(型番:ELPLX02W)を用意し、同色での組み合わせが可能となっている。

超短焦点ゼロオフセットレンズもホワイトを用意

関連記事