「docomo in Car Connect」に対応

カロッツェリア、クルマでネットが使い放題になる新「サイバーナビ」

編集部:押野 由宇
2019年10月02日
パイオニアは、カロッツェリアブランドより、高速データ通信を活用して映像コンテンツなどを楽しめるオンデマンド機能対応カーナビゲーション「サイバーナビ」を11月に発売する。以下、すべて予想実売価格。

「AVIC-CQ910-DC」

<ラージサイズメインユニットタイプ>
・「AVIC-CQ910-DC」21万円前後
・「AVIC-CQ910」19万円前後
・「AVIC-CL910-DC」19万円前後
・「AVIC-CL910」17万円前後

<200mmワイドメインユニットタイプ>
・「AVIC-CW910-DC」17万円前後
・「AVIC-CW910」15万円前後

<2Dメインユニットタイプ>
・「AVIC-CZ910-DC:17万円前後
・「AVIC-CZ910:15万円前後

<オプション>
・ネットワークスティック「ND-DC3」35,000円前後
 
市販カーナビゲーションとして初めて、NTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応。ネットワークスティックの同梱モデル(末尾に「-DC」が付くモデル)、もしくは別売オプションを購入することで、NTTドコモの高速データ通信を定額で際限なく利用でき、サイバーナビをWi-Fiスポットとして使用できる。

クルマを “オンデマンド化” するイメージ

オンデマンド機能を活用した、ウェブブラウザでYouTube動画を再生できる「ストリーミングビデオ」を搭載。気軽に映像コンテンツを楽しめるほか、スマートフォンやタブレットをWi-Fi環境下に置けばデータ容量を気にすることなくインターネットが利用できる。またAmazon Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスを接続して、Amazonプライム・ビデオといった配信サービスを楽しむことも可能だ。

サイバーナビがWi-Fiスポットになる

docomo in Car Connectは、1日500円、30日1,500円、1年12,000円のプランを用意する定額制通信サービス。ドコモユーザーでなくとも利用可能で、サイバーナビのネットワークスティックセットを購入した場合、1年間無料でサービスを提供する。

また家にあるブルーレイレコーダー内の映像コンテンツを遠隔再生できる「レコーダーアクセス」機能を新搭載。ペアリング専用アプリ「DiXiM Play for carrozzeria」をインストールしたスマートフォンと自宅のブルーレイレコーダーをペアリング、そしてスマートフォンをサイバーナビとペアリングすることで、録画番組のストリーミング再生が行える。加えて、録画番組だけでなく、自宅エリアの放送局のTV番組視聴や、BS/CS放送の視聴にも対応する。

自宅のブルーレイレコーダーにアクセス、遠隔視聴ができる

対応するレコーダーはパナソニック「ディーガ」、シャープ「AQUOS」、東芝「レグザ」、アイ・オー・データ機器、バッファローと、各メーカーとの協業により豊富に揃えられたとする。またその通信性能についても、実際に担当者が全国を走って試したところ、途切れることはなかったという。

ディスプレイには高精細HDパネルを採用。地図表示はもちろん、映像コンテンツを高コントラストかつ高解像度で描写するとアピールする。またサウンド面でも、ハイレゾ音源のネイティブ再生に対応するほか、映像コンテンツやCDなどの音をハイレゾ相当にアップグレードする「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載している。

ナビゲーション機能も強化。最新の動画や施設情報を自動でダウンロードし、地図を更新する「自動地図更新」機能を新たに搭載した。ネットワーク経由で自動アップデートするため、常に最新の地図が利用できる。追加費用なく更新できる無料バージョンアップを最大3年分付与。またMapFanスマートメンバーズへ新規入会すると、データバージョンアップ期間が最大3年から4年(2023年10月末まで)に延長される。

デザインはフルフラットとし、コンソールとの一体感を高めた。またホーム画面やAV画面のデザインも一新。インテリアに合わせてフラットキーのイルミネーションカラーも変更できる。

ほか、地図画面上にうドライブに有用な情報やAV情報を表示して操作できる「インフォガジェット」を新たに搭載。AVソースの再生画面を常時表示するほか、駐車場の満空情報などの情報を瞬時に地図画面上に引き出して操作することができる。

本日、メディア向けの製品発表会が開催。パイオニア 常務執行役員 モビリティプロダクトカンパニーCEO 高島直人氏が登壇し、「新しいサイバーナビは『クルマを “真のオンライン化” へ』がテーマ。キーとなるのはエンターテインメントであり、オンラインの力で新たなエンターテインメントを提供することで、車内をより快適な空間とする」とコンセプトを説明した。

高島直人氏

その取組については「Wi-Fiの通信環境が整備され、社会のIoT化が進んでいる。またクルマのコネクテッド化も着実に進行している。車室内での先進価値提案を推進するなか、エンタテインメント領域においては通信インフラの容量的な課題が存在していた」とし、その課題をNTTドコモとの協業により乗り越えたという。

関連記事