白いハウジングのスタジオモニターヘッドホン

ヒビノ、3年保証となったAKGのプロ向け開放型ヘッドホン「K701-Y3」。約22,000円

編集部:成藤 正宣
2019年09月27日
ヒビノは、AKGのプロフェッショナル向け開放型ヘッドホン「K701」に、同社独自の1年保証を加えて3年保証としたモデル「K701-Y3」を、10月5日より発売する。価格はオープンだが、市場では22,000円前後での実売を想定する。

「K701-Y3」

ブランドの長年の研究開発に基づいた開放型構造により中高域の再現力に極めて優れ、「ひとつひとつの音を丁寧に描き出し、残響音さえも余すことなく再現する」というスタジオヘッドホン。通常は2年間のメーカー保証が付くところ、ヒビノが独自の保証を1年追加、合わせて3年間の長期保証が付属する。イヤーパッドも簡単に交換可能な設計のため、同社は「より長く、安心してご愛用いただける」としている。

ドライバーのボイスコイルにはリボン状のワイヤーを用いて小型/軽量化を実現した「フラットワイヤー・ボイスコイル」を採用。優れた過渡特性により微細な電気信号にも俊敏に反応し、ボイスコイルとマグネットとのギャップを小さくできることから感度も向上する。

振動板は2種類の素材を組み合わせた「TWO-LAYERダイヤフラム」構造と、中心部と外縁部で厚みを変える特許技術「バリモーション・テクノロジー」を採用。高域特性を維持しながらダンパー特性を改善し、分割振動を抑制したとしている。

肌触りの滑らかなベロア素材を採用し、人間工学に基づいて立体的にデザインされた「3Dフォーム・イヤーパッド」、装着するだけで自動的に長さが調整される「セルフアジャスト機能」付きのヘッドバンドにより快適な装着感も実現。ケーブルは脱着のできない固定式で、プラグ形状は6.3mm標準プラグ、長さは3mとなっている。

再生周波数帯域は10Hz〜39.8kHz、インピーダンスは62Ω、感度は93dB SPL/mW。最大許容入力は200mW。6.3mm標準プラグから3.5mmステレオミニプラグへの変換アダプターが付属する。質量は約290g(ケーブル除く)。

関連記事