機能拡張モジュールを採用

“VIVE史上最高画質”のHMD「COSMOS」、約9万円で10月11日発売

編集部:押野 由宇
2019年09月13日
HTC NIPPONは、ヘッドマウントディスプレイ「VIVE COSMOS」の国内向け販売について発表。価格は89,882円 (税抜)で、10月11日より発売する。また発売に先立ち、9月20日10:00より予約を開始する。

「VIVE COSMOS」

VIVE Cosmosは、解像度2,880×1,700ピクセル(VIVEより88%向上)とリアルRGBディスプレイで “VIVE史上最高画質” をアピールするヘッドマウントディスプレイ。6つのカメラ+AIテクノロジーによる独自のインサイドアウトトラッキングを搭載しており、外部センサーを不要としている。

またVIVEシリーズとしてはじめて、機能拡張可能なモジュール式フェースプレート(モッド)を採用。モッド第1弾として、既存のライトハウス・ベースステーションとコントローラーを引き続き使用するための「外部トラッキングモッド」を、2020年第1四半期に発売予定としている。

ステレオヘッドホン一体型構成で、本体にマイクを内蔵。視野角は最大110度で、リフレッシュレートは90Hz。コントローラーはシステムボタン/アプリケーションボタン/トリガー/バンパー/ジョイスティック/グリップボタンの入力に対応する。

予約販売特典を用意しており、VRコンテンツ定額無制限ダウンロードサービス「VIVEPORTインフィニティサブスクリプション」を12か月分と、VRコンテンツ「AEON」がプレゼントされる。

関連リンク

関連記事