企業向けに発売

ジャパンディスプレイ、VR専用に開発した液晶パネル搭載のHMD「VRM-100」

編集部:押野 由宇
2018年11月27日
ジャパンディスプレイは、VR専用に開発したという液晶パネルを搭載する、高精細VRヘッドマウントディスプレイ「VRM-100」 を発表。企業向けにデベロップメントキットの提供を開始する。予約開始日は12月3日を予定、12月中旬以降に発送予定。

「VRM-100」

同社では従来のVRヘッドマウントディスプレイ製品は、高精細ディスプレイと各種センサーやコントローラを搭載したゲーム向けハイエンド製品と、ディスプレイ性能などを犠牲にして価格を抑えた製品とで分かれていると分析。ゲームではない高画質VRコンテンツを体験するにもハイエンド製品の購入が必要という課題が生じていた。これを解決するため、精細度などディスプレイ品質に特化した製品を開発したという。

VRM-100は、VR専用に開発された高精細ディスプレイを搭載。解像度は2,880×RGB×1,600(615ppi)で、リフレッシュレートは80Hz(60Hz)自動切り換えとなる。

VR専用に開発された高精細ディスプレイを搭載

またジャイロおよび地磁気センサー(3-DOF)も搭載。ハイエンドモデルに実装されている外部ヘッドトラッキングセンサーおよびコントローラを省き、高画質なVR映像を視聴する事に特化したとする。

付属VRゴーグルは清掃しやすいように分離可能な構成を採用。音声面はステレオサウンド出力端子を備える。なお本機はPC接続型の製品となる。外形寸法は175×98×116mm、質量は336g(ケーブル含まず)。

これまで同社はVR専用液晶ディスプレイの開発・製造・販売のみを行ってきたが、今後はVRヘッドマウントディスプレイにも事業領域を広げ、VR市場の普及拡大に貢献するとしている。

関連記事