1,980円

final、ゲームやVRなど“バイノーラル音源に最適”なイヤホン「E500」

編集部:押野 由宇
2019年08月28日
S’NEXTは、自社ブランドfinalのダイナミック型イヤホン「E500」を、本日8月28日より発売する。価格は1,980円(税込)。

「E500」

E500は「バイノーラル技術を用いて音の方向感を再現するゲームやVRコンテンツを再生するための新たな研究成果から生まれた」というイヤホンで、バイノーラル制作された音源特有の違和感が少なく自然な音色により、音源そのものに集中することが可能だと同社は説明する。

イヤホンやヘッドホンでバイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源では、高音域に独特の違和感が生じることがあり、音響に携わる研究者達はこの原因について掴んではいたものの、その対策について十分な成功を収めた例はなかったとのこと。

それに対し、2chステレオ方式で制作された音源とバイノーラル技術で制作された音源の違いの研究を行い、新たなアプローチでその問題への対策を講じた結果、バイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源において、制作者の意図通りの空間イメージや方向感を感じることのできるイヤホンを誕生させることができたという。

バイノーラル音源に適した音作りを実現したとする

音作りは音響工学・音響心理学・空間音響学に基づき、バイノーラル音源に適したものとしている。本体には6.4mmダイナミック型ドライバーユニット搭載。独自のイヤーピーススィングフィット機構を採用し、左右軸色違いのオリジナルイヤーピースを付属する。またケーブルは柔軟で太めのオリジナルケーブルを採用している。

インピーダンスは16Ωで、感度は98dB/mW。質量は15g。

なおfinalは「今後、バイノーラル制作されたゲームやVRに向けた新たな製品シリーズの開発を進めて参ります。今回のE500は名称こそEシリーズではありますが、バイノーラル技術を用いて制作された音源を自然に再生するための新たな研究成果に基づいて提案する製品シリーズの始まりだと私達自身は捉えております」とコメントしている。

関連リンク

関連記事