4入力1出力

ラトック、オーディオ分離機能を搭載したHDMI切替器。4K60Hz/HDR10にも対応

編集部:平山洸太
2019年08月27日
ラトックシステムは、4K/60p映像やHDR10に対応し、オーディオ分離機能を搭載した4入力1出力搭載のHDMI切替器「RP-HDSW41A-4K」を8月27日から直販ストア限定で発売する。価格はオープンだが、直販ストアでは7,980円(税込)で販売される。

「RP-HDSW41A-4K」

4K/60Hz(4:4:4/8bit)やHDR10に対応し、PS4 Proなどのゲーム機やレコーダー、PCなど最大4台のHDMI出力機器とテレビ1台を接続可能。リモコンが付属し、番号を指定しての切り替えや、後述するオーディオ出力の操作にも対応する。

なお切り替え方式は、ゲームや映画鑑賞中に別のポートに接続した機器の電源が入っても、自動で画面が切り替わることがない「手動モード」と、接続されたHDMI機器がオンになると自動的に切り替わる「オートモード」から選ぶことができる。

背面端子部

通常のHDMI出力(映像+音声)のほか、音声出力用のHDMI出力ポート、光デジタルおよびアナログステレオ(ステレオミニ)を搭載。またARCに対応しており、ARC対応テレビの音声を、光デジタルポートを経由してオーディオ機器から再生できる。

外形寸法は約205W×22H×73Dmm(突起部含まず)、質量は約360g(本体のみ)。電源は付属のACアダプターによる外部電源駆動を採用する。

関連記事