GAIN設定スイッチも搭載

FX-AUDIO-、質量77gのポータブルヘッドホンアンプ。初回300台限定で3,500円

編集部:平山洸太
2019年07月17日
ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-より、リチウム電池内臓のポータブルヘッドホンアンプ「PH-01J」を7月18日に発売する。価格は初回300台限定として、3,500円(税込)で販売される。

「PH-01J」

オペアンプには、Texas Instruments製「NE5532(DIP8ピンタイプ)」を2基搭載。左右各チャンネルを独立した回路構成とすることで、チャンネルセパレーションに配慮した。またオペアンプ電源に正負電源を生成する回路構成を採用し、オペアンプの実力を引き出すとしている。

部品には、日本メーカー製の小型高品質部品を採用し、電源部にはタンタルコンデンサを採用したとのこと。リチウム充電池を搭載することで、約6〜8時間のバッテリー駆動にも対応する。充電はMicroUSBケーブル(別売)から行う。

内部イメージ

GAIN設定スイッチを搭載し、2段階の出力レベル調整にも対応する。これにより、低インピーダンスのイヤホンからハイインピーダンスのイヤホンにも対応するとしており、High設定であれば、300Ωのヘッドホンも十分な音量でドライブできるという。

搭載端子では、アナログ入力/出力ともにそれぞれ3.5mmステレオミニジャックを搭載。充電用端子としてMicroUSB端子を備える。外形寸法は52W×13H×94Dmmで、質量は77g。また対応インピーダンスは16〜300Ω。

関連記事