10月1日から

NHK、新規契約月の受信料を無料化。「視聴者の負担軽減」

編集部:風間雄介
2019年07月10日
日本放送協会(NHK)は10月1日から、地上・衛星テレビ放送の受信契約を新規に行った場合、設置月の受信料支払いを無料にすると発表した。

本日、総務大臣が「日本放送協会放送受信規約」の一部変更を認可。これを受け、設置月の無料化が決定した。

さらに、地上契約から衛星契約など、契約種別の変更などがあった場合、変更月の受信料差額も支払い不要にする。

これらの施策は、新たにテレビなど受信機を設置した契約者の負担軽減を図るためのもの、とNHKは説明している。今後、設置月の無料化について、NHKのサイトや各種パンフレットで周知していくという。
  • トピック
  • NHK

関連記事