4Kチューナー等非搭載の「高画質&高音質シンプルモデル」

フナイ、機能を絞った手頃な価格の4Kテレビ「3020シリーズ」

編集部:小野佳希
2019年07月10日
船井電機は、新4K衛星放送チューナー搭載を省くなどで手頃な価格を実現した4K HDR対応液晶テレビ「3020シリーズ」を7月20日より発売する。従来どおりヤマダ電機専売となり、ヤマダ電機での税抜価格は55型の「FL-55U3020」が79,800円、43型の「FL-43U3020」が44,800円。

3020シリーズ

同時発表の有機ELテレビ「7020シリーズ」や液晶テレビ「4120/4020シリーズ」がBS/110度CS 4K放送チューナーや録画用HDDを内蔵するのに対し、本機はそれらの搭載を省略。そのほかにも「ブリリアントワイドカラー」などの一部機能を省くことで、より低価格化を実現させた。

フナイでは、本機を「4K映像の美しさを手軽に楽しめる高画質&高音質シンプルモデル」だと説明。なお、昨年モデルの「3010シリーズ」では50型のみのサイズ展開だったが、今回は55型と43型を用意。3010シリーズも販売を継続し、この価格帯では3サイズ展開を行うこととした。

2Kの地デジ/BS/110度CSチューナーは3基搭載。HDDは内蔵しないが、USB-HDDを接続してのテレビ番組録画が行える。また、もちろん外付けの4Kチューナーを接続しての4K放送録画も行える。HDR信号はHDR10とHLGに対応している。

独自アルゴリズムによって地デジ番組などを4K相当の画質にアップコンバートする「4Kクリアピクスリマスター」も搭載。シーンに合わせてバックライトのメイドを高速で切り替える「くっきりモーション120」も搭載している。

そのほか、ホーム画面をリニューアル。録画や再生などユーザーの操作が直感的にわかるユーザーインターフェースに改良したとしている。

インターネット動画サービスはYouTube/YouTube Kids/Abema TV/U-NEXT/DAZN/dTV/ひかりTV 4K/アクトビラ4K/TSUTAYA TVに対応。今回から新たにAbema TVに対応した。なおNETFLIX、Amazon Prime Videoには対応しない。

音声面では、コンサートホールの音響設計などで実績をもつスイスのソニックエモーション社が開発した3D音場形成技術「Sonic Emotion PREMIUM」を搭載。立体的で迫力あるバーチャルサラウンドを実現するとしている。

なお、HDMI端子は同時発表の上位機が3系統であるのに対し、本機は4系統を装備。全端子が4K(3,840×2,160)60p/4,096×2,160(4:4:4)に対応し、「HDMI 1」端子がHDCP2.2およびARCに対応している。

関連記事